貴様ら!お時間あったら、ぜひ読んでって下さいね。


by Brother_M
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Macro(マクロ)撮影 PART2

それでは前回の続き、『マクロ』について、今回は実際に写真を
見ながら、もう少しだけ触れてみましょう。

まずは携帯のマクロで撮ったトンボ。
個人的には、これだけ写れば十分かな。
a0016551_2375015.jpg

一応ですけど、やはりマクロってこともあり、背景が少しボケてますね。
俺の携帯は130万画素と、今となってはとても平均的な画素数。
ただ、ネットで見るくらいであれば、画素数なんて200万画素以上
あれば十分であるわけで、携帯画像がデジカメの画質が劣ってしまうのは
他に理由がたくさんあります。だから以前にも書きましたけど
画質≠画素数 だということですね。

正直、高画質を望んで新しい携帯を求めるなら、俺なら単焦点ならではの
メチャ写りがイイIXY L(2万円強) あたりのデジカメ買いますね。
てか、今欲しいのだけどねコレ(笑)
いくら携帯のカメラが良くなっても、まだまだデジカメには
敵いません。現在ではデジカメと同等の画質を得るのには
物理的に不可能なので仕方のない事ですけどね。

さて、少し話が逸れてしまいましたが、ここからが本題。
マクロにはワイドマクロといって、ワイド側で撮るマクロと
テレマクロといって、望遠側で撮るマクロがあります。
ワイドの方が、当然ですけどカメラ自体は被写体に近接できます。
ま、その分、テレ側では自分自身が動かなくても、ズームで
寄る(大きく写す)わけですけど、同じ写りか?と言われれば、違います。
これは、どーいったマクロが撮りたいのかによって使い分けしますかね。

背景を多く入れたいならワイド側で撮るとか。
被写体をよりメインとして大きく、少し写りこむ背景をよりボカしたいなら
テレマクロだとか。あとは、近づけない時だとか。まぁ、いろいろと・・・
ただ、一般的なコンパクトデジカメでは、テレマクロと言っても
大きくは撮れるけど、ボケにくかったりと、たかが知れてます。
マクロ機能に強いデジカメや、高倍率ズーム機だったり
更には、一眼レフのレンズなんかだとテレマクロ機能が
付いてるものなどあるので、イイ感じの写りになりますけどね。
実際にデジカメをお持ちの方は、試してみると良いですよ。
ちゃんとテレマクロが使えるデジカメだとこのような違いが出るというのを
ご自分でこちら(CLICK!)で確認してみてください。

それでは、ここからはデジカメで俺が撮ったマクロの写真を見て行きましょう。
俺はC-3100ZoomとKD-510Zというデジカメを持っていて
3100の方は、ワイドマクロでの最短撮影距離が20cmで
510Zは、ワイドマクロでの最短が6cmです。
つまり510Zの方がマクロには強いというか、適してるわけですね。

ただ、3100ZOOMは、そのままで撮影するとマクロに弱いカメラなんですけど
こやつは拡張性に優れてるので、マクロレンズであったり、クローズアップレン
ズというものを装着できます。ですので、今回は3100ZOOMで撮影しました。

まずは、C-3100ZOOMでの通常のマクロ。ワイド側です。
(この撮影はMCON-40+AC-NO.5は使用してません)
a0016551_23515413.jpg



今度はマクロレンズにクローズアプレンズを重ねて装着して、テレ側で
テレマクロとして撮ったものです。より大きく写せて被写界深度が浅くなって
ますよね?背景がボケボケです。本来は、背景は被写体と距離がある方が
ボケるわけですけど、マクロレンズ+クローズアップレンズを装着してるので
すぐ後ろの草がボケボケになってます。また、これだけ小さい水滴に焦点を
合わし、中に周りのの写り込みも確認できると思います。
着けたことにより被写体を大きく写せるので、先ほどの蝶の写真より
被写体をかなりアップで写せてますよね?
a0016551_23562969.jpg


で、このマクロレンズというのは、簡単に言ってしまば虫眼鏡と同じです。
もちろん、いろんな収差を抑えるように設計をされてるので高価ですけど
皆さんがお持ちのデジカメにたとえコンバージョンレンズを装着できる拡張性
が無くても、100円ショップで売ってるような安いルーペなどがあれば、
レンズ部にそれを当てがうと、このように大きく写せます。こいつをレンズ代わり
にするわけです。まぁ、マクロレンズも要はこーゆーことなので。
実はかなーり使えるんですよ、このルーペも!興味ある方は、ぜひやって
みてくださいね。もちろん写りは別としても、一応携帯でも同じ事が
できると思いますので。

マクロ撮影っていうと、ついつい小さいものを近くで撮影するイメージ
しかないですけど、俺なんかは、むしろ人物を写す時になんか
に使いますね。コンパクトデジカメでは、背景がボケないので
ズームを望遠にして、マクロ機能ONにして、適当な距離で撮ったり。
あまり植物や昆虫、物などのマクロ撮影をしない俺は
こっちの撮り方のが多いかも。。。ま、これからはマクロレンズを
手に入れたので、いろいろ撮っていきますけどね^^;

さて、最後に!これから紅葉のシーズンなので、どこかで観られる方も
多いと思いますので、紅葉の撮り方について、マクロを兼ねて
少し説明しておきましょうかね。

紅葉を撮る時で、もちろん風景全体を撮る場合は、露出や構図だけ
を気にして、あとはカメラ側で彩度などを上げられるカメラなら
彩度を上げて撮ったりと、これくらいで良いですけど
紅葉をUPにして撮る時に、とても綺麗に写す方法があるのです。
例えば、テレマクロで、モニターを見ながら紅葉の葉にピントが合う
最短距離で撮るとします。その時に、1つ条件があります。
葉の後ろから光が射していること。つまりは逆光ですね。
光が葉に透けて、より鮮やかに紅葉を写し出すんですよね。
もちろん、テレマクロじゃなくて、普通のテレ端撮影でも良いですし
ワイドマクロでもいいです。葉を割とクローズアップする時は
葉の後ろから日が射して、葉が透ける状態でぜひ撮影してみてください。
とても綺麗な写真が撮れますよ^^
撮れたらフォトコン投稿してみてくださいね(笑)

今まで俺はマクロ撮影ってあまりしなかったのですけど、これからはけっこう
撮っていくと思うので、ぜひ『お前ら!写真撮りましたので見ていきませんか?』 の方もチェキラ☆してみてください。
では、次回のcamera/photoでは、フォトショップを使って
ちょっぴりLOMO写真ちっくにレタッチ!というのを紹介したいと思います。
[PR]
by Brother_M | 2004-10-15 00:00 | camera/photo