貴様ら!お時間あったら、ぜひ読んでって下さいね。


by Brother_M
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

肉魚戦争勃発

お年頃の未婚女性の皆さん、貴女は白いウェデイングドレスを着飾って
素敵な式を挙げることに憧れてますか?
でも、憧れてるのは貴女たちだけではありません。俺もです。
お色直しの時に一緒に退場して、お嫁さんより違った意味で素敵なドレス
で登場し、できれば、その際には髭を生やして、そんな素敵な爆笑結婚式を
夢見てるYUMEです。皆さん、おはこんばんちわ。Can you celebrate?
結婚式に堅苦しい上司の挨拶なんて要らねぇーぜっ。
前代未聞の皆の記憶に残る結婚式が挙げたいのさ。
早くブーケをキャッチしなきゃ!その前に、結婚相手をまず探さないと。
誰かボクと結婚してください。素敵な結婚式をお約束致します。

さて、ちょっと前にですね、仲間とファミレスでこんな会話になったんです。
『もし、この世から肉と魚が消えるとしたら、どちらがイイか?』
『もし、消えてしまったら、お前どーするよ?』と。
つまりは、お前は肉派か?魚派か?ってな事です。どちらが好きかと。
実にくだらない話です。いい年した奴らが4人も集まって
あまりにくだらない if 話。こんなくだらない問題提起をする奴は
俺でした。大体どーでもいい話は俺から始まります。

この結果、見事に真っ二つに別れました。俺は肉が好き。もう一人も肉派。
んで、他二人が魚派だったのが、俺からしたらすごく意外だったの
ですけど、どーやら魚がいいらしいです。
よく30近くになってきたり、その後、年を重ねてくごとに
脂っこいのがダメになってきて、魚が良くなる!なんて
耳にしますけど、とりあえず肉与えておいてもらえれば、俺はOKです。
かと言って、魚が嫌いなんじゃありません。魚も大好きなので。
ただ、どちらかなら絶対に肉だ!ということです。
で、ここでの肉or魚?論争では、肉は、牛・豚・鳥の3つ。
魚は、いわゆる魚全般という事で論議しました。

まず、俺が肉を選んだのは、単純に肉料理のが好きだってことや
何の料理にも肉のが入る確立が高い!ってこともあるんですけど
俺が一番魚で嫌なのは、例えば焼き魚。俺は焼きが一番好きな
料理法ではあるのですけど、ただ、食う時に面倒くさい。骨が邪魔!
更には食った気がしない。これなんです。

また、魚派は魚派で、「魚が無くなったら寿司とかどーすんの?」
とか言いやがったのですけど、『寿司は貝もあるし
エビ・イカ・タコ・ウニなどなど、いろいろ食えるだろ』と、肉組反論。

俺たちの攻撃。『お前ら、ハムエッグが急に食べたくなったらどーするよ?』
と肉組。『ハムは当然ないわな?しかしだ!エッグも鳥さんが居るから
食えるのだ!』と。『ハムも無ければ卵も無いんじゃ食えないぞ?』
と、この辺までは散々お互い食べ物で見事な攻防を繰り広げてたわけです。
ところがある時点から、おかしな方向に向かってくのでした。
あからさまに食べ物から離れて、違う次元での会話に。

『お前らさ、もしだよ?もし、にわとりが居なかったらさ
♪ニワトリが先か~?たっまごーが先かぁ~?♪の
〝にわとりと卵〟の歌も歌えなくなるんだぞ?いいのか!?と肉組。

しかし、これが魚組に優勢を与えるきっかけでした。
「デートで、彼女が水族館に行きたいって言ったらどーするんだよ?」
「しかもイルカとかじゃなく、私イワシが観たいの♪っつったらどーするよ?」
と、魚組。‘なにっ、イワシが観たい女なのか・・・それは困った・・’と
内心ひるむ肉組。更に輪をかけて魚組はこのような攻めを打って出てきた。
「もし、魚が無くなったら、さかなクンの立場はどーなるんだ?」と。
正直、アイツの立場なんてどーでもイイはずなのに、攻めに攻められてた
俺たちは、不覚にもさかなクンに同情をしてしまった、あのRainy Night...

が、ここで引き下がるわけにもいかず、俺たちはもう少し知的に攻めてみた。
『国会で、議員が牛歩作戦をしたい時にだ、牛が居なかったら
牛歩作戦はできないだろ?』と。実にインテリジェンスに満ち溢れた
攻めを展開したのだった。ただ、その後の
『もし、鳥が居なかったら、SMAPのFree Birdを歌えないんだぞ?』と
正直、余計な攻めで知的さ半減にほんのり後悔している、This Evening!

そんなこんなで、あまりにもくだらない攻防が続くわけだが
終止符は、ある時突然 打たれた。
「ま、どっちかが無くなるってことは、ないけどね」と一人が発言。

_______________終了_______________
[PR]
by Brother_M | 2004-10-20 21:45 | like a diary?