貴様ら!お時間あったら、ぜひ読んでって下さいね。


by Brother_M
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

日本vsバーレーン

昨晩の日本のHOMEゲーム観ましたか?もぅ~危っなっかしさ満載ですね♪
危ないってのは、引き分けそうだったという意味で〝危ない〟ってことです。
ま、誰もが勝てた事にはホッと一安心ってところでしょうけど
結果オーライってな風には絶対にしてもらいたくないですね。
てか、もっとサポーターも本当にサッカーが!日本代表が!好きならば
あんな不甲斐ない日本に不満を持つべきだね。ワーワーキャーキャーと
言ってるのはいいけど、お前らサッカー解ってるの?(汗)

では、まず昨晩の試合展開ですけど、前半は思うように行きませんでしたね。
やっぱり海外組が合流してから、練習時間が無かったということも
あるでしょうけど、とにかく呼吸があってない。
一人一人がイマイチ感じてないんですよね。仲間のタイミングを。
勿論ボールの支配率は日本が圧倒的なのですけど、持たされてる感が
とても出てました。つまり、アウェーの向こうからすれば
引き分けでもOK!なので、バーレーンのペースだったでしょう。
しかし、後半はリズムが出てきて、日本ペースで進められました。
これには、ハッキリとしたことが一つ言えます。

前半の最中に、バーレーンの監督が、最終ラインを上げろ!上げろ!
と、ジェスチャーで選手に散々指示してましたけど、実際は
前半のうちに点が取られるのが怖かったのか、バーレーンの選手は
かなり引き気味で、最終ラインとキーパーとの間に、スペースが
思いの他に無かったんです。日本が敵のバックの裏を取れても
右サイドで少しあったくらいで、左サイドではほとんど無かったです。
だから、サントスの効果的な上がりなども皆無に等しかった。

ところが後半に入ると、ハーフタイムで指示が出たのか、
向こうのラインが上がった事によって、キーパーと最終ラインの間に
スペース生まれました。これは、非常に日本にとっては有難ったです。
そして、スペースができたことによって、前半を見てるだけでは
判らなかったバーレーンのサイドの弱さが顕になりました。
(日本から見て)右サイドが弱いと思いきや、フタを開けてみれば
むしろ左サイドの方が弱かったくらいでしたもんね。
まぁ、何故最終ラインを上げなきゃいけないのか?というのを
詳しく説明をすると長くなるので省きますけど、例えば
引いてしまうと、ミドルシュートやロングシュートを打たれやすくなる。
こんな事もありますね。とにかく、向こうがラインを上げてくれたことにより
日本にとっては、こちらが得意とする形でやりやすくなりましたね。

ところが、日本は昔からですけど、引かれて守りに入られてしまうと、本当に
点が取れない。ゴール前でゴチャゴチャしてても、そこを無理にこじ開けて
点が取れるようなパワフルな外国人系プレーをできる選手がいないから。
いわゆる本物のドリブラーがいないから。
パワーのあるミドルシュートやロングシュートでの得点も苦手だから。
こんな事もあり、細かいパスで繋いで、バックの裏を狙っての得点とか
セットプレーで得点とかでないと、かなり今の日本は厳しいんですよね。

で、サッカー解説者とか誰も言わないんで代わりに俺が言っておきます(笑)
あーゆー前半の時、向こうのラインを上げるには、大まかに言うと
二つあります。一つは、先述した事からも判る様に
向こうの脅威となる、精度あるロングレンジやミドルレンジからの
シュートを打つ。すると、相手はロングシュートを警戒して
シュートを必然的に潰しにかかる。ラインが必然的に上がる。するとキーパーと
最終ラインとの間にスペースができる。ところが、前半はシュートが
ほとんど無かった。打たなきゃ入らねぇーんだよ、ボケッ。

もう一つは、連続性のある攻撃を仕掛ける。特に、効果的なのは、
ダイレクトパス(トラップしないでワンタッチパス)で繋ぐ。
一つトラップをするだけで、プレーというのは、すごく遅くなるんです。
例え、素晴らしいトラップをしたとしても遅くなる。これが早くなること
によって、相手が着いて来れなくなるんです。一つ一つのプレーに。
引かれて守りに入られてしまってても、穴ができるものなんです。
立ち塞ぐ堅い守りの壁にも、穴が。ただ、これをするには、選手同士の
呼吸なり、意思の疎通が大切になってくるんですけどね。

あと、引かれたままでも得点を狙うには、もっと強引にドリブルでFWやMFも
敵のディフェンスをこじ開けようとするべきですよね。
特に、相手のエリア内では。向こうだってPKは怖いわけだし。
そんなのが全くできてなかったのが、前半の日本だったと。
まぁ、いつもの事と言えばいつもの事なんだけど・・・。
良かったのは、鈴木のシュートと高原のDF背負って反転シュート
これくらいなもんでした。もっと強引さを出して欲しい。



後半あれだけ攻めながらも、けっきょく自分達では点を取れなかった。
相手のオウンゴール。ラッキー続きで助かってるジーコJAPAN。
もちろん、中澤のプレッシャーがあったから、あの自殺点は
生まれたのだろうけど、それで勝ったから良しなワケがない。
THE決定力不足。イタリアなんてトッティ・カッサーノ・ジラルディーノ
の前3人だけで点が奪えるもんなぁ。。。羨ましい。。(笑)
とにかく強引さが欲しい。もっと敵が嫌がることをしてほしい。
てか、1対1で逃げないで勝負しろよ!もっとシュート打てよ!!
特に前半・・・打たなきゃ入らねぇーんだよ、ゴルァァァァ!!!!!

ヤヴェー、、、だんだんイラついてきた。
てか、ジーコさんよ、俺を使ってくれ!!!
エロのストライカーとt9gも言ってくれてるのさ!!!!!
俺ならすぐに取ってやるさ。点も笑いも。

と、散々こーして言ってても、W杯が思い通りになるほど
甘くはないこともちゃんと解ってますので(笑)
がんばれ、日本!!!!!ドイツに連れてって!!!!!!! 
[PR]
by Brother_M | 2005-03-31 20:19 | recommended