貴様ら!お時間あったら、ぜひ読んでって下さいね。


by Brother_M
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

杉やん PART7

とてつもなく巨大なアフォ男。その名も杉やん。
いつも家から弁当を持って来ていて、フタを開けると
タコさんウィンナーと、ちゃんとウサギの形をしたリンゴ
が入ってる確率7割以上の男。弁当を包む風呂敷は
スヌーピー柄だった君を ボクは決して忘れない。。。


それでは、杉やんPART7、てか、もぅ7かよっ!!(汗
をお楽しみください。


これは、ある日の体育の授業が、先生の都合により、急遽
教室で自習になった時のことでした。

この自習の知らせがクラスの皆にお届け♪されたのは
前の授業と体育の授業の間の小休み時間(10分間)
だったのです。この時間は普段は教室で遊んだりしてるわけですが
体育は移動時間があるし、着替えもあるので、皆すぐに着替えてた
わけです。そこへ自習のお知らせが。皆でワーイ☆と喜んでいる時
友達が杉やんだけ何故かその場に居ないことに気づき
『皆、とりあえずジャージに着替えて、体育があるフリをしようぜ!』
と、こーなったわけです。そこへ何も知らない杉やんが
廊下から猛ダッシュで教室へ入ってきて
『わわわわ・・・ヤバイ、ヤバイ、ヤバイ・・・』言いながら
恐ろしいスピードで着替えたわけです。もちろん皆はいかにも
移動するかのような素振りを見せてるわけですが、よく見れば
誰一人として教室の前の廊下から移動してないのです(爆)
ところが杉やんは、自分が遅れてるものだと思いこんでるので
そそくさと着替えを済ませ、猛ダッシュで階段を下りて
グラウンドへと向かったわけです。それを確認して、俺たちは
すぐさま教室に戻り、皆制服へと着替えなおす。・・・全員で♪

俺たちの教室前の廊下の窓からは、外の広いグラウンドがとても
よく見える所に位置していて、また高3だったので階も一番上でした。
そこから皆でバレないよう頭を低くして、杉やんを見張ることにしたわけです。

杉やんがグラウンドに現われた!またその時に限って他のクラスが
どこも体育の授業がそのグラウンドで無い!
あからさまに目立つぜ!杉やん!!
しかし、そんな状況を全くおかしいと思わないのが、
また杉やんの頭おかしいところでもあるのですけど、
先生や皆が来るまで準備体操を始めやがった!
一同『おぉ~!杉やんバカっぽい!!!てか、バカだなアレは♪』
と皆で姿勢を低くして拍手喝采してたのですけど、杉やんの
準備体操を観てると、あることに気づきました。まさかあれは・・・
なんと!ラジオ体操じゃあーりませんか!!
たしかに体育の授業が始まると、最初にやるんですけど、
何も今軽くアップの為だけに、律儀に最初からやらなくても・・(汗)

ここで、更に詳しく皆さんに状況というか、絵を説明しましょう。
ウチの高校は、プールや体育館など広く、例えば10m、7mとか
よくあるダイビング専用のプールなども別にあったりと設備がすごくて
グラウンドに至っては、1周なんと500mあるんです!
正直、陸上競技場です。400mトラック500mトラックと
分かれており、槍投げ専用の場所だったり、走り幅跳び専用の所だったり
とにかくスゴイ所なんです。そんなどどっ広い所にポツンと杉やんが独り。
いくらデカイとは言え、誰も居ないそんなグラウンドに杉やん独りでは
遠くから観てるせいもあって、、、やっぱりデカかったです♪(爆)

もぅこの状況だけで、俺たちはかなり笑えて満足だったのですけど
なかなか現われない皆に、違和感をなかなか覚えない杉やん。
ついにはラジオ体操第2まで始めやがったのです!!!
皆は腹を抱え『ありえねぇー!(爆)』を連呼してたのですけど
皆、面白すぎる杉やんを観ようと、必死でしゃがんでは立って
バレそうになったら伏せてを繰り返してたもので、ついに
杉やんがこちらの窓の方に気づき、俺たちを発見してしまったんです!
皆は『あぁ~バレたか。。。(苦笑)』ともぅ満足してたので
諦めが付いたのですけど、一度立ち止まってこちらを見ていた
杉やん。また止まっていたラジオ体操の続きをし始めたのです。
一同気づいてねぇーのかよ!!!!!ヲィ!!!!!!(大爆笑)』
さすがに全員でツッコミました(爆)

もぅあまりに気づかないし可哀想なので、みんなで声を張り上げ
杉やーーーーーーーーーーーーん!!!!!!!!!!
大声で呼んで、そうしたら杉やんもビミョーに気づいた(?)らしく
走って校舎敷地内へと来て、やっと皆と会話できる位置に来て
杉やんが3Fの窓を見上げ、一言『え?今日は体育館??』(爆)
よく見ろ・・・俺たち全員、制服着てるぢゃん・・(苦笑)
事情を5分ほど説明して、ようやく状況が飲み込めた杉やん。
そして、一言。『な~んだみんな~、もぅ言ってくれれば良かったのにぃ~♪』
やはりイマイチ飲み込めてませんでした(滝汗)



次回が最終回です。次回は
杉やんPAR8 ~YUMEの記憶が甦るとき~
をお送りしたいと思います。
感動の最終回、ぜひお見逃しなく。
だからと言って見逃しても、何も損はしませんが。。。
[PR]
by Brother_M | 2004-06-25 21:36 | like a diary?