貴様ら!お時間あったら、ぜひ読んでって下さいね。


by Brother_M
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

噂のGXサンプル画像公開

a0016551_6636.jpg
皆さん、以前から読んでくれてる方は覚えてるかもしれませんが
このコーナーで俺が新しいカメラ何を買おうかで迷ってた
時がありました。そこで、俺が最終的に選らんのだが
リコーから出てるCaplio GXというカメラだったんですけど
俺の手元に来た固体は、初期不良というか、俺的に写り(ノイズの出方)
に納得いかなかったもので、1日しか撮影しないで返品してしまった
わけですけど、その1日だけテスト撮影した写真を今回は
昨日オススメしたフリーソフトで作ったアルバムでお見せ致します。
上の花もGXで撮った写真です。風が強くて花がほとんどメトロノーム
状態でのマクロ撮影だったので、撮った枚数のうち、1/4くらいしかピントが
合い(?)ませんでした(;_;)そのうちのまだまともに撮れた方の1枚です(笑)
と言っても、これもビミョーにピン外してますけど(汗)あ、被写体ブレか・・・



ちなみに、このGXってカメラ、広角28mm~撮影可が一番の売りでして
広角って皆さん解りますかね?ズームを一番引いた時(利かせてない時)
つまりW端が28mmとすごく広範囲で写せるカメラなんです。
このクラスのコンパクトカメラでは、つい先日、キャノンから
S60ってのが発売されましたけど、安価で広角28mm~というのは
それまではリコーのカメラくらいしか無かったんですよね。
だったら他のメーカーもW端が28mm以下の作ればいいぢゃん?
とお思いでしょうけど、望遠側を数10mm伸ばすよりも、よっぽど広角側を
1mm伸ばす方が、遥かにレンズ設計が難しいと言われてるんです。
ただ、これからは各種メーカー力を入れ、28mmからの
撮影可能なカメラわんさか出てくると思いますけどね。

んで、広角広角って言ってるけど、ぢゃあ~何がそんなに広角がいいの?
と思いますよね。広角の利点は、写せる(写る)範囲が全然違うんです。
概ね現在のコンパクトデジカメは、35mm~39mm辺りが
W端なことが多いんです。ところが画角1mm違うと、実は写る範囲
というのはそこそこ違ってきちゃって、5mmなんて違う日には
かな~り違ってくるんです。その時28mm~みたいな広角側に
強いカメラだと、、、例えば狭い室内!室内で、もぅこれ以上壁が
あって後ろに下がれないョ~!>< みたいな時には
とても広範囲に写せるので便利で良いわけです。

だから、よくヨーロッパなんか旅行に行く時には、広角に強い
カメラ、もしくはレンズがあると良いってよく言いますね。
欧州は美術館や教会など建物が多いので、画角が広範囲でないと
建物全体を入れられないことが多いみたいですから。
まぁ、広角に強いというのは、広範囲で写せるという利点があり
また望遠側にはない、面白い写りなどもするので、
風景撮影だとかが多い人には、広角を好む人が多いみたいです。

さ、広角の説明を思わずしてしまいましたが・・・
それでは一日でアディオスGX!
お前は俺の心を満たせなかったぜぃ!!
の一日かけてテスト撮影したものの中から、
敢えて昼間の写真ではなく、今回はちょっぴり難しい
夜の撮影でのサンプルを数枚ご覧になってください。
このGXのサンプルを価格ドットコムに載せたら
2日でカウンターが1200くらい回りました^^;
ソフトフォーカスっぽい写真はフォトショでガウス(ぼかし)してます。
では、どうぞ!(MIDI鳴るから、音量に気をつけてね)

YUME撮影サンプル画像へジャンプ(CLICK!)
[PR]
by Brother_M | 2004-07-03 10:54 | camera/photo