貴様ら!お時間あったら、ぜひ読んでって下さいね。


by Brother_M
カレンダー

2004年 06月 27日 ( 1 )

こちらの勝手な想像ですけど、おそらくココに遊びに来てくれてる方で
そんなにカメラや写真のことについて、そこまで詳しい方はあまり
居ないと思いますので、今回もそーいった方にとても役立つブログを一つ。
今回から数回に渡って書く事は、かな~~~り役立つと思いますので、
そこまで興味ない方も是非見てって下さい。いつか撮る時に必ず役立ちます。

皆さんは、デジカメ、もしくは普通のコンパクトカメラや使い捨てカメラ、
おそらく何かしら写真を撮る機会があると思います。そんな時
もちろん撮れればOKなんですけど、どうせ撮るなら少しでも良い写真
の方が良くないですか?少し撮り方を知ってるだけで、カメラを問わず
写真として全然良いものが残せるんですよ。

でも、それには『写真を見る人も知識がある人でなければ、意味無いじゃん?』
なんて思うでしょ?でも違うんですコレが。。。
例えば何も知らないド素人が適当に一枚撮ったとします。しかし、すごく良い
写真が撮れました。この時、実は良い写真である条件が偶然かもしれないで
すけど入っているもんなんです。そして、仮にその写真を見る側にも知識が
全く無くても、偶然良い写真である要素が含まれた写真を見ると
おぉ~良い写真だなぁ~。。。と思わせる不思議な力があるんですね。
ですから、少しでも良い写真を撮るための知識(条件や要素)などを
知っておくと、ぜんぜん違うんです。

良い写真って技法的にいろいろ駆使したりとか、そーゆー事もありますけど
一番はメッセージ性があったり、主題がハッキリしていたりするものなんです。
例えば・・・じゃあ頭で想像してくださいね。一枚の写真を撮りました。
夕日がとてもキレイで一番後ろに(背景に)富士山が見えます。
富士は写真の左中段に位置しました。富士山の手前には一面の湖が広がり、
キラキラ夕日で水面が光り、湖にはボートも写ってます。
そして一番撮影者よりの写真右側手前には、大きく夕日を浴びて
シルエットになった木が写ってます。かなり手前だと思ってください。

一見、富士・夕日・光輝く湖に浮かぶボート・シルエットになった木と、ポイント
になりそうな綺麗なものばかりをたくさん写せて良いように感じませんか?
でも実はコレ、欲張り過ぎなんです。見る者の注意が散乱してしまうんです。
何が主役なのか?何をメインにするかが曖昧なんですよね。
このような場合、デジタルならトリミングといって、後から写真を切り
抜いたり、アナログなら初めから構図をしっかり決めて撮らなければ
いけません。このような場合は、思い切って富士山を排除できる位置なら
思い切って排除して、夕日にシルエットになった木と夕日を浴びた
湖だけの方が、夕方のあの何とも言えない美しさを前面に出してる写真
としては、主題がハッキリしてたりするものなんです。

このように、主題が明確であるか、メッセージ性があるかなどは
写真を撮る上で、実は最も要素だったりするんです。

今回はテーマ性の触りだけを少し話しましたが
次回はあまり写真に詳しくない方、特に必見です!
基本ちっくな構図的を少し考えた撮り方など、実際の写真などを元に、
ちょっぴり実践風で注意点などを紹介したいと思います。
普段写真を撮らない方も、頭にその知識があると無いとでは
ぜんぜん撮れる写真が違いますので、ぜひぜひ見てみてください!
頭の片隅に置いておけば、いつか必ず役立つと思いますので(^_-)
[PR]
by Brother_M | 2004-06-27 02:32 | camera/photo