貴様ら!お時間あったら、ぜひ読んでって下さいね。


by Brother_M
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:like a diary?( 48 )

その昔、家の中で一人だけになる時が訪れ、家族が帰宅する前にこっそり押入れの中へ入り、皆が帰宅した後に様子を見計らってアホ家族を驚かそうという案を思い立ったった賢い一人の少年は、リハを繰り返してる最中に眠気に襲われていつしか押入れで寝てしまい、起きた時の完全なる闇に誰よりも自分が驚いてしまったという、そんなちょっぴり甘くてほろ苦いメモリーの持ち主YUMEです。皆さん、おはこんばんちわ。
久しぶりにこのコラムの時の原点であるlike a diaryを更新してみます。
この時、思った事は、「やられたぜっ、逆ドッキリかよ!」と、あたかも自分が裏で誰かに引っ掛けられてビックリしたという事にしてたという、そんな記憶が只今よみがえってきました。ただ、どー考えても、逆も何もないわけですけど。


さて、本日は俺が生まれてからずーーーっと共に生活をしてきた
東京の爺ちゃんの7回忌でした。俺が尊敬して止まない人。
今まで俺のコラムやこのブログに登場してきた人物と言えば
母親、お婆ちゃん、弟、カンタ(イトコ)このくらいでしょうか。
ブログを読んで頂くと、YUMEんところの婆ちゃんイイ味出すよね~
とか言われそうですけど、何を隠そう、とにかく一番オモロイのが
この天国にいる爺ちゃんでした。今ブログを書いていて
爺ちゃんが生きていてくれれば、週に1度は爺ちゃんネタで持ってける
くらいネタの宝庫だったのに・・・と、残念な気持ちでなりません。
家族はそれぞれに皆違ったオモロさがあるので、一概に比較はできませんが
爺ちゃんはとにかく頭が良い人で、いわゆるキレるタイプって感じでしょうか。
いつも政治のことなど解らなければ爺ちゃんに聞いてたし
時には数学教えてもらったり、とにかく爺ちゃんとは
いろんな話をしてきました。そして頭イイくせに、行動がおそろしく大胆で
数々のエピソードを残してるのです。それらを一気に紹介したいですけど
今回は法事ネタなので、いつか機会があったら。

ウチは大人数の家族で構成されてますが、基本的にYUME家と
母親の旧姓でもある青木家(祖母や叔父家族)で成り立ってます。
で、青木家はまだ法事のことなどわかってるのでまともなのですけど
問題はYUME家。とにかくメチャメチャ。例えば、昨日よ~く思い出した
のですけど、YUME家で数年前に墓を買った時のことでした。
YUME家は、今日行った場所とは全く違う場所、横浜の方にお墓があり
これもいわゆる~回忌と同じ法事で、まず先祖のお骨をそちらに移動してから
お経を読んでもらって、その後に墓参りという、そんなパターンでした。
しかし、YUME家は祖父母もいて、両親もいるのに
誰一人として法事をわかってない。
誰かがわかってるだろうと皆人任せな感じだったのです。

坊さんがお経を読んでる間に
普通はお焼香でしたっけ?あれをしますよね??
なのに、いきなり爺ちゃんがカメラを取り出して立ち歩き出したのです。
お坊さんの前に行ってパシャッと数枚。お婆ちゃんに
お前バカだろ?と突っ込まれ強制退場。一度は座ったものの
またフラフラ立ち出し、パシャパシャと。どーやら後で聞いたら
カメラを買ったばかりでウキウキだったみたいです。
あまりに落ち着きの無い爺ちゃんを座布団の方へ親父がSTAYさせて
すると今度は爺ちゃんが内ポケットからクシを取り出したのです。
そして何を思ったのか、右から左に微妙に残ってる髪をとかし出すのですけど
風通しが良くてすぐに髪が逆へパカッとOPEN THE ハゲ。
そして、俺の方へ向いてニヤリと笑い「どう?イケてる?」
みたいな顔するもんだから、笑いを堪えるのに大変だったのです。
その様子を真横に座ってた俺だけが気づいてしまったので
これは、俺だけ楽しんでは皆に申し訳ないと思い
俺がそっと弟のEMUに教えてやり、それ見たEMUも必死で笑いを耐えてる。
その様子に他の家族も気づき出し、皆で笑いを耐えてるてたのですけど
お婆ちゃんがツボにハマってしまい、お爺ちゃんを爆笑しながら
叱ってるわけです。それを今度は、俺が写真に収めてあげようと
爺ちゃんのカメラを拝借してパシャッと。終いには
爺ちゃんと婆ちゃんがマジ喧嘩っぽくなってきて
爺ちゃん英語で婆ちゃん中国語でケンカしてる。
何故かこの二人は純日本人なのですが、昔からケンカになると
時々、英語vs中国語になるんですよね。そんな様子を
一同堪えきれず、さらに大爆笑してたのです。
が、スッカリ忘れてたんですよね。法事中だってことを。
で、お経が読み終わり、お坊さんに「お焼香済みましたか?」と聞かれ
皆で「え?いつするんですか??(汗)」と。

とにかくありえないのですけど、全くもって全部ホントの話なのです。
正直、まだまだ説明が不十分なくらいなのです。

しかし、この横浜の爺ちゃん婆ちゃんよりも上回るのが、
今日7回忌をした天国にいる東京の爺ちゃんで、今まで東京の婆ちゃんの
幾つかのエピドードをご紹介しましたが、奴らに比べたら
正直〝屁〟です。可愛いものです。

そんな俺が最も尊敬する爺ちゃんの7回忌。当然、気合も入ります。
今日は限られた身内だけと聞いてて、いつも俺は格好を喪服や黒いスーツなど
を着てきちんとしてたのですけど、親父がどーせいつものように
全くもってラフな格好で来るだろうと思ってたら、親父今日来なかった(汗)
弟も今日に限っていつもよりすごく正装。
親戚の数も聞いてた人数と全然違う。気合入れた俺は浮きまくり(汗)
んなわけで、東京の法事のファッションはこれです。
ってのをご紹介します。

まず、とりあえず黒だなと。そう思い、黒いパーカーを(ミス1)
ジャケットもやっぱり無難に黒だよな・・・そう思い、黒のレザージャケットを(ミス2)
やっぱり法事だし帽子も黒のが良いのかな・・・だから、黒のニットを(大間違い)
ちょっとコレだと可愛さが足りないな・・・黒と白mixのマフラーを(必要ナシ)
黒ばかりで、カラスみてぇーだな・・・パンツをジーンズに(今までの黒の意味ナシ)

これが、東京の法事では割と普通なファッションでしょうね。
完璧な正装です。
んで、お経の間、俺とカンタ(もうすぐ5歳)はとても飽きてしまい
俺はずっとデジカメや写メで遊んでました。
そして、本日とても俺が恥ずかしかったのが、天然でお焼香の方法を
間違ってしまった事です。今までは出来てたのに。。。
順番が早かったせい&考え事をしてたせいで、捨てる方の灰を逆へ(汗)
ネタぢゃなく本気で間違ってしまったのがマジで恥ずかしくって
終わった後、叔父に「寅さんかよっ!(汗)」と突っ込まれました。
あまりに恥ずかしかったので、席に戻った後、写メにすぐ収めておきました。
んで、自分の番が終わってからが暇で暇で、初日の出が
今年はちゃんと拝めなかったので、代わりに本日、初日の出を拝もうと
これも写メで綺麗に収めておきました。
その後は墓参り。見てください。格好がどうであれ
俺はちゃんと拝んでます。偉いです、俺。
それに比べてカンタはダメですね。後で説教しておきます。
a0016551_1711922.jpga0016551_17113445.jpg
a0016551_17134588.jpga0016551_17124828.jpg


そんなこんなで、今回の7回忌も無事に終わり、法事って
難しいな。。。と、つくづく感じてる次第でございます。
[PR]
by Brother_M | 2005-01-08 17:22 | like a diary?

薄ッペラーズ 解散

去年のクリスマス前、クリスマスは友達同士で楽しく過ごしたり、お金なんて全然使わないでも楽しめますよね!と、俺のクリスマスポリシーを皆様に散々説いておきながら、イブのディナーに3万も使ってしまい、その後ひもじい年明けを過ごしたYUMEです。
皆さん、おはこんばんちわ。今年のクリスマスこそは、金をかけずに楽しく
過ごすつもりです。おそらく独りで(悲っ

さて、少し前のことなんですけど、俺の家に久しぶりに数人の友達が遊びに
来ました。昔から俺の家は、よく皆の遊び場になってました。小さな頃から
誰かの家で遊ぶとなると、必ず俺の家。おそらく俺の家では、あまり他の家で
は楽しめないようなオモチャだったり、普段しないような遊びをしてたからだと
思いますけど。
で、それは大人になってからも変わってなくて、例えば楽器が揃ってるので
皆で集まって、楽器できない奴ばかりで集まったとしても、ドラムを叩くなど
が面白いらしく、そんなんで うさんくさいバンドを組んだり、あとは遊び自体を
自ら編み出し、とにかくくだらない笑える独創的な遊びをすること
が多いんです。ただ、そんな俺も、近頃ではサッパリ友達を呼んでとかが
少なくなってしまい、かなり久しぶりな友達の来訪となりました。

そこで先日、そいつらが遊びに来た時に何故だかこんな事になりました。
『もうすぐクリスマスだよな。』と。『街は恋人達で溢れるよな。』と。
なんとなくお解かりだと思いますが、悲しいことに集まった奴ら皆が皆
恋人が居ない(隠してなければ)わけです。そこで、クリスマスを敵視するのは
『大人げナイ!』と。『ここは一つ、皆の幸せを祝ってやろーぢゃないか!!』と。

そこで、俺たちは考えた。‘俺たちには何ができるか?’と。
そして、俺がいつもの事ながら適当な事を言ってみる。
『よし、俺たちのクリスマスソングで皆のXmasを盛り上げよう!』と。
『みんなに俺たちからささやかなXmasプレゼントさ♪』
すると、皆は『俺もちょーどそう思っていたところなんだよ、YUMEくん』と。
確実な嘘の返答を感情的に返してくれる友に俺は
『お前ら・・・』と感動したフリを。
『よし、イブは街に繰り出し、俺たちの歌で小雪すら舞ってしまうくらいの
奇跡を起こそうぢゃないか!』と、無理くさいぜ in 東京。

そこで、俺の家には楽器はあるが、正直この中では俺くらいしか楽器をまともに
触れない。ここは、〝アカペラ〟だな。 そして、俺たちはゴスペラーズを
結成することしたわけです。『よし、まずは音取りだ。』 まず、俺が
♪♪愛してる~って さいき~ん 言わ~なくぅ~ なぁ~ったのぉ~は~♪♪
♪♪ホント~に~ あなーたーをー 愛ぃしー 始めぇーたぁーかぁーらー♪♪
と、主旋律を歌いメロを覚えこませる。皆OKと。しかし、ハーモニーになってこそ
ゴスペラーズ。問題はハモだ。俺が主旋律。声低い奴が下。
ハーモニーと言えば俺だ。と言い張るもう一人が上を。

『ぢゃあ、どんな感じで歌えばいいか、ピアノで弾いてョ』と言われたが
『それぢゃ、俺たちは偽ゴスペラーズになっちまうだろ!』と既に偽者満載な
コトに気づいてない俺。そこで、ケータイを取り出す。通話ボタンを押す。
すると、プーーーーーーという音がしますけど、あれは実は『ソ』の音に
あたるんです。なので、俺が皆に『ケータイを取り出せ!』と。
3人で向き合いながら輪を作り、俺の部屋で誰も出ないケータイを
片手に通話ボタン。実にアフォっぽい。プー音が静寂の中、悲しく響く。

『俺の 出だし がミだ。他二人はソとドだからね。いい?』
『任せておけっ リーダー』と、いつの間にか俺がリーダーらしい。
『(俺の指でカウント)チッチッチッ 愛してるーって 最近~~~』

3人で歌ってるはずが、一人で歌ってるのと変わらない。。。
ゴスペラーズというより、どちらかと言えば薄ッペラーズだ。
今からクリスマスまでには到底間に合いそうもない。
よって・・・

薄ッペラーズ解散!
[PR]
by Brother_M | 2004-11-20 22:15 | like a diary?
先日、まじめな話し合い(会議とかではないですけど)をしてる時に
一人感情を込め熱く語り、皆もその熱意ある説明に完全納得するような形で
「~なので、こーした方向で考えるべきでしょう。」と完璧な終わりを迎えようと
していた最後の最後に、「ってゆーぢゃぁなぁ~い♪」と、急にギター侍調に
変えてしまい、それまでの説得力や熱意を、一変してうそ臭さ満載に
なってしまった、良い事を言ってても、最後の最後でいつも台無しにするところ
は、ブログだけぢゃないんだぜ!のYUMEです。皆さん、おはこんばんちわ。
ホント、見せてあげたかったです。この瞬間。かなり笑えました。
周りは唖然としてる者と、笑いを堪えるのに必死な者と。
ただ、だったら笑ってくれればいいのに堪えやがるから
時間が止まったぢゃねぇーかよ(汗)

さて、今回はちょっぴり笑えた事を書いてみたいと思います。
俺は帽子がすごい好きでたくさん持ってるんです。
30くらいは確実にありますかね。
特にこれからの季節はニット帽なんてしょっちゅう被ります。
昔はそんなに被らなかったのですけど、むしろ二十歳超えてから
ファッションスタイルが変わったせいか、とにかくやたらと被る。
そんな俺なので、きっと帽子だけぢゃなく、馬や大仏・地蔵などの
お面なども被ってしまうのだと思われます。ただ、これも二十歳過ぎてから
のが被ってますけど。

で、俺はあまり自分が写ってる写真って撮ってもらったりしないし
かと言って、自分でも撮らない。写メですら自分の写真もあまり撮らない。
ただ、旅行だとかそーゆー時は、さすがにたくさん撮りますけどね。

先日、あるメル友ってゆーか、まぁ、普通に友達なんですけど一通の
メールが来ました。彼女とは電話では何回も話したことあるし
メールでやりとりをしてるので、とても地元の友達と話す感覚で
仲が良いのですけど、実は東京人でもないので、一度も会って遊んだり
したことはないんです。ただ、もう何回も遊んでるかのごとく
仲がいい。でも、実際は会った事がないわけで、お互い実物を見たりは
してないわけです。また、先述したように、俺は自分の写真を撮らないし
持ってないので、彼女にあまり俺の写真を見てもらったことがないのです。

とは言え、彼女とはもう長い付き合い。今でも連絡は取ってるし仲はいい。
そんなこんなで、何枚かは彼女は俺の写真を見てるわけです。
もちろん俺も2枚くらいですが、一応彼女の顔を知ってる。
向こうは5枚くらいは俺の写真を見てますかね。

ただ、この間彼女から一通のこんなメールが届いたのです。

a0016551_22551175.jpg




( ̄□ ̄;)!! ハゲだと疑われてたのか。。。
そーいや、たしかに言われてみれば、帽子を被ってる写真を送ってることが
多かったかもしれないが。。
彼女がPCでもやってれば、YUMELOGに来させ、今まで載せてきた
写真を見てもらえれば、ハゲぢゃないことも判らせることもできたが
彼女への伝達手段はメールのみ。髪の毛が写ってる写真を送るべきだった。

そして、この後この事についてメールをしたわけですが、なんと俺の
ハゲ疑惑は、彼女への友達へも飛び火してたそうです。
彼女が友達に今まで送った俺の写真を見せたらしい。すると、友達は
『なんでこんな枚数あって、しかも季節も色々なのに帽子被ってるぢゃん?
これは絶対にハゲだよハゲ♪間違いない♪♪』と。
彼女は「えええええっ!?それはナイでしょう~(笑)」と言いながらも
心のどこかで、‘言われてみれば確かに・・・。’と疑いを持ってしまったそうです。
また、とりあえず他の友達にも見せて、
「送ってもらってる写真ぜんぶ帽子被ってるんだけどさ・・・」と聞いてみたり
したらしいのですけど、その友達も『ハゲかもね♪(笑)』と。
恐るべし。。。YUME、実はハゲちゃってる噂!!!
この噂がぜひ名古屋中に広まることを、心から祈ってます。
[PR]
by Brother_M | 2004-11-17 23:07 | like a diary?

YUME 2nd写真集 の展望

さて、皆さん!いよいよ新札が出回りましたね!?もちろん、この新札は
簡単に偽札を偽造できないような高度な技術をもって作られた新札なの
ですけど、ごめんなさい。ボクにはそんなの通用しません。
てなわけで、もぅ既に偽札を完成させちゃってる。
やっぱり俺天才!のYUMEです。皆さん、おはこんばんちわ。
ただ、一つだけ悲しいことは、誰がどー見たって


この一点だけです。野口英世を描いたはずが、どちらかというと野口五郎寄りに
なってしまい、少し暗い世の中に笑いを!と思い、鼻毛を描いてしまったことが
より一層の偽さを増幅させてしまったみたいです。どんまい俺。


さて、冒頭部の挨拶を済ませ、正直もぅお腹いっぱいで
書く気ゼロに近いのですけど、ここで1つ、皆さんに告知を。
ついに俺の頭の中で、例の構想が固まりました。
例のって何だよ!?ってな事ですけど、アレだよ、アレ。
オレだよ、オレ。あの詐欺ちっくな素敵な写真集の第2弾のことです。
第1弾のYUMEプライベート写真集「僕の活きる道」に続く第2弾を
やっとハッキリとしたビジョンで描けました。
ビジョンとか構想だとかそーゆーいかにもな言葉を使って
過去に残した汚点写真集を、未だ見たことのない人に、
‘きっと素晴らしい写真集だったんだろうなぁ。。。’と
勘違いさせようなんて魂胆は、これっぽっちもありません。
ありませんけど、今書いた上の4行は、気持ちイイほどに
キーボードを打つ手が滑らかだった事は、言わなければ
皆さんには判らない事実ですが、正直者の俺は言っちゃいます。
なめらかプリンより、なめらかでした。

実は、この第2弾。もぅずっと前にも一度考えてたのです。
第一弾では、大仏とラストカット一枚で地蔵を被って登場したのですけど
その時に馬は見せてなかったので、第2弾では馬を被るかな・・・と。
ただ、それを被って写っただけでは、誰にでもできる。芸が無いな・・と。
馬を被って、またヤラセプライベートの一部をお見せしても
インパクトが薄いかなと思い、馬はとりあえず被ってBLOGの方
では登場しましたけど、写真集としてのテーマも見えてこないので
馬写真集は止めておいたのです。てか、〝馬写真集〟って言っちゃってる
時点でダメダメですけど。そして、またテーマとか偉そうな事を
言ってますが、ハッタリですので聞き流してください。

で、今回のテーマは何にしようか考えたわけです。
でも、やはり皆さんにおそらく楽しんでもらえるのは、また興味を
持ってもらえそうな事は、やはりプライベートだと思うわけです。
こうしてネット上で交流があっても、その人のプライベートを
どれだけ分ってるか?と問われれば、おそらく全くと言って良いほど
知らないわけで。ただ、前回のプライベート写真集のように
ごく日常(嘘くせっ)を切り取っても同じになってしまうので
今回は、皆さんから見れば、非日常。そして、俺のリアルの友達も
過去の恋人達も家族も、誰も知らない、まだ誰も見たことのない
俺のもう一つの日常というか、もう一つの俺の姿を
是非お見せしたいと思ってる次第でございます。
急に言葉遣いがかしこまるあたりが、やたらと怪しさ満載ですけどね。

ただ、1st写真集もそうでしたけど、如何せん一人で、もしくは独りで
撮るものなので、とても大変で、精神的にも辛く、撮り終えた後は
少しの達成感と、大いなる悲しみに満ち溢れるので
時間が掛かってしまいます。人に頼んで撮ってもらえる写真なら
良いのですけど、アダルトビデオを流してカブリ付いてる姿や
トイレでパンツを脱いでドアを開けられてる姿を撮って!と
そんな写真を人に頼めるわけもなく、だから人目を忍んで撮るわけです。
ただ、実家な為に前回の人目を忍んで撮ったつもりの写真集では
4割超えで家族にハケーンされてますけど。イチローより率が上です。
「何やってんの・・・(汗)」という家族の問いに
『アートだよ。社会勉強の1つでもあるけど』という
苦し紛れな回答をしてる俺の心中を皆さんどーか察してください。

だから、独りで撮るのでとても時間が掛かるのです。
で、決めました。来年の俺の誕生日。と言っても、年が明けて
わりとすぐ来るので、その日に皆さんにお見せしようかと。
時間かけて作るので、超大作になること間違いナシです。
ロード・オブ・ザ・リングより大作になる予感をひしひしと感じてます。
きっと俺だけが。

では、最後にせっかくなので今回も一つ、前回の写真集から俺のカッコイイ
プライベートショットを一つご紹介したいと思います。惚れてください。


a0016551_20332461.jpg


自分が一生を終える時・・・俺は楽器を弾きながら、人生という幕を閉じたい・・(CLICK)
[PR]
by Brother_M | 2004-11-04 20:37 | like a diary?

肉魚戦争勃発

お年頃の未婚女性の皆さん、貴女は白いウェデイングドレスを着飾って
素敵な式を挙げることに憧れてますか?
でも、憧れてるのは貴女たちだけではありません。俺もです。
お色直しの時に一緒に退場して、お嫁さんより違った意味で素敵なドレス
で登場し、できれば、その際には髭を生やして、そんな素敵な爆笑結婚式を
夢見てるYUMEです。皆さん、おはこんばんちわ。Can you celebrate?
結婚式に堅苦しい上司の挨拶なんて要らねぇーぜっ。
前代未聞の皆の記憶に残る結婚式が挙げたいのさ。
早くブーケをキャッチしなきゃ!その前に、結婚相手をまず探さないと。
誰かボクと結婚してください。素敵な結婚式をお約束致します。

さて、ちょっと前にですね、仲間とファミレスでこんな会話になったんです。
『もし、この世から肉と魚が消えるとしたら、どちらがイイか?』
『もし、消えてしまったら、お前どーするよ?』と。
つまりは、お前は肉派か?魚派か?ってな事です。どちらが好きかと。
実にくだらない話です。いい年した奴らが4人も集まって
あまりにくだらない if 話。こんなくだらない問題提起をする奴は
俺でした。大体どーでもいい話は俺から始まります。

この結果、見事に真っ二つに別れました。俺は肉が好き。もう一人も肉派。
んで、他二人が魚派だったのが、俺からしたらすごく意外だったの
ですけど、どーやら魚がいいらしいです。
よく30近くになってきたり、その後、年を重ねてくごとに
脂っこいのがダメになってきて、魚が良くなる!なんて
耳にしますけど、とりあえず肉与えておいてもらえれば、俺はOKです。
かと言って、魚が嫌いなんじゃありません。魚も大好きなので。
ただ、どちらかなら絶対に肉だ!ということです。
で、ここでの肉or魚?論争では、肉は、牛・豚・鳥の3つ。
魚は、いわゆる魚全般という事で論議しました。

まず、俺が肉を選んだのは、単純に肉料理のが好きだってことや
何の料理にも肉のが入る確立が高い!ってこともあるんですけど
俺が一番魚で嫌なのは、例えば焼き魚。俺は焼きが一番好きな
料理法ではあるのですけど、ただ、食う時に面倒くさい。骨が邪魔!
更には食った気がしない。これなんです。

また、魚派は魚派で、「魚が無くなったら寿司とかどーすんの?」
とか言いやがったのですけど、『寿司は貝もあるし
エビ・イカ・タコ・ウニなどなど、いろいろ食えるだろ』と、肉組反論。

俺たちの攻撃。『お前ら、ハムエッグが急に食べたくなったらどーするよ?』
と肉組。『ハムは当然ないわな?しかしだ!エッグも鳥さんが居るから
食えるのだ!』と。『ハムも無ければ卵も無いんじゃ食えないぞ?』
と、この辺までは散々お互い食べ物で見事な攻防を繰り広げてたわけです。
ところがある時点から、おかしな方向に向かってくのでした。
あからさまに食べ物から離れて、違う次元での会話に。

『お前らさ、もしだよ?もし、にわとりが居なかったらさ
♪ニワトリが先か~?たっまごーが先かぁ~?♪の
〝にわとりと卵〟の歌も歌えなくなるんだぞ?いいのか!?と肉組。

しかし、これが魚組に優勢を与えるきっかけでした。
「デートで、彼女が水族館に行きたいって言ったらどーするんだよ?」
「しかもイルカとかじゃなく、私イワシが観たいの♪っつったらどーするよ?」
と、魚組。‘なにっ、イワシが観たい女なのか・・・それは困った・・’と
内心ひるむ肉組。更に輪をかけて魚組はこのような攻めを打って出てきた。
「もし、魚が無くなったら、さかなクンの立場はどーなるんだ?」と。
正直、アイツの立場なんてどーでもイイはずなのに、攻めに攻められてた
俺たちは、不覚にもさかなクンに同情をしてしまった、あのRainy Night...

が、ここで引き下がるわけにもいかず、俺たちはもう少し知的に攻めてみた。
『国会で、議員が牛歩作戦をしたい時にだ、牛が居なかったら
牛歩作戦はできないだろ?』と。実にインテリジェンスに満ち溢れた
攻めを展開したのだった。ただ、その後の
『もし、鳥が居なかったら、SMAPのFree Birdを歌えないんだぞ?』と
正直、余計な攻めで知的さ半減にほんのり後悔している、This Evening!

そんなこんなで、あまりにもくだらない攻防が続くわけだが
終止符は、ある時突然 打たれた。
「ま、どっちかが無くなるってことは、ないけどね」と一人が発言。

_______________終了_______________
[PR]
by Brother_M | 2004-10-20 21:45 | like a diary?

It's not a small world

よく、婚約指輪は月給の3ヶ月分などと言いますが
もし俺が婚約する際には、とりあえず今の仕事を一端辞めて
月の収入が1万くらいになるように手頃なバイトへ転職し
3万円で婚約指輪を買ったら、元の職場へ復帰しようと考えてる
「ボクの君への愛の形は、指輪なんかじゃ表せないさ。」
今から上の台詞を毎日5回ずつ練習しているYUMEです。
皆さん、おはこんばんちわ。てか、相手いねぇーけど(悲っ
「イグン、ケンショルセヨォ シュヌン ミンドゥルニダ パンニ ハム ハサムニダ」
一応、韓国ブームがまだ続いてることも想定して韓国語でも
練習しといちゃいます。お解かりだとは思いますが
一見あってるっぽいこのハングル語(ぇ?
おもいきりテキトーに雰囲気で書いてるので、決して俺のブログで
「タダだし、ちょーどイイからココで韓国語を習っちゃおう♪」
なんて事考えてる方がいらっしゃったら、言ってください。
いくらでも教えます。月謝は撮りませんけど、月二回ほどの
キャバクラ接待で手を打ちますので。

近頃、涼しくなったせいか、よく色んな事を考えます。
少し前までは暑くて暑くて、考える事といったら
卵が先か?ニワトリが先か?くらいなもんでしたけど
近頃は毎晩のように、難しいことを考えてしまいます。

以前に、「世界の中心で愛を叫ぼうとして、とりあえず
山の手線に乗って世界の中心へ行こうと思ったけれど
それが何処の事なのか判らずに、気がつけば1周して
戻ってきそうなので、素直に止めておきました」という事をブログで書きましたが
今度は『冷静と情熱の間とは、どこの辺りを言ってるのか?』という
疑問が俺の中で浮上したので、今回は実際に京浜東北線に乗ってみました。
やっぱりこーゆーのは、実際に行動に移さないと判りませんからね。
そして、判ったことは、冷静と情熱の間がどの辺なのかは
サッパリでしたが、〝上野と御徒町の間はアメヤ横丁(アメ横)
こんな素敵な事が判ってしまったので、もぅ嬉しくって嬉しくって。
ただ、よく思い出してみると、小学生の頃から判ってたような
気もしないではないですけど。

さて、皆さんはアメ横をご存知でしょうか?もちろん東京近辺に
住んでる方はご存知でしょうけど、地方の方は知ってるのかな?
近頃は、東京に訪れることがあっても、ディズニーランドだったり
お台場、はたまた六本木ヒルズなんて行っちゃうと思うので
上野に訪れることなんてのは、まずないと思いますけどね。

このアメ横とは、長い一本の道を挟んで、食料品屋だとか服屋だとかが
ひしめき合う、ちょっぴり小汚く生臭い、デッカイ商店街のような
年末になると店のオヤジ達のダミ声が飛び交う市場にも似た
そんな所です。年末なんかは物凄い人込みで、普段の日も
そこそこ混み合ってます。

そんな混み合う中で、誰が警泥(敵味方に分かれた鬼ごっこみたいなもんです)
をやろうとする奴がいましょうか?ハイ、ボクです。小学生の頃
トランシーバーまでも使い20人近くでやった記憶があります。
アフォです。隠れる所多すぎます。広範囲過ぎます。ムリです。

そんなボクは、この経験をしていたおかげで、世の中の広さを
知りました。世間は狭いと言いますが、この時ばかりは
広い!と感じました。こんな経験をしたものだから
もぅ二度とこんな無謀な事はするもんかと心に誓ったあの夏

の事なんてスッカリ忘れていた、YUME中学2年の頃
とある場所で菌付けごっこ(やっぱり鬼ごっこみたいなもんです)
が発生した日、本気で頑張っちゃいました。
そのとある場所とは・・・夢と魔法の王国
東京ディズニーランドです。広い。広すぎる。
しかもそーゆー所ぢゃねー。更にはあの時、夜だった。
見えねぇ。。。ナイスアフォ集団。アフォにも程がある。
トゥモローランドだけだって広いぞベイベー。
ましてやランドはコレだけぢゃない。ファンタジー、アドベンチャー
ウェスタン、それに加え、ワールドバザール、シンデレラ城。
シンデレラ嬢ぢゃないんですよ?城ですよ!?にも関わらず
皆本気で頑張っちゃって、結局はぐれ、最終的に友達一人は
完全に合流できず、そいつは独りで家路に着くハメに。

30歳を近くに迎えた今、もぅこんな馬鹿な真似はするはずも
ありませんが、近頃ちょっぴり運動不足なんですよね。。。
少年の頃の気持ちを取り戻すべく、また友達に集合をかけて
警泥でもやろうかなと。

行動範囲を〝湘南〟と、最高に広範囲、且つ、アバウトに決めて。
[PR]
by Brother_M | 2004-09-29 23:02 | like a diary?

事件簿から二つお届け!

この冬のソナタ・韓国ブームに乗っ取り、「冬のどなた?」という本を書いて
密かにユメ様人気爆発を企て中ですが、既に本のタイトルからして
オチが見えちゃってること自体、売れる気が全くしないので、冬のソナタに
着眼するのではなく、後者の韓国ブームに目を着け、近い将来には
監獄ブームが必ずやって来る!という自分の中での確信を
特別今日は皆さんに公表しちゃいます♪のYUMEです。
皆さん、おはこんばんちわ。パンニ ハム ハサムニダ。
監獄ブームに先に目を着けて、一儲けしちゃいましょう。
儲けたら一報ください。少しマージンを頂きますので。

あ、マージンと言えばマーシー(田代)また捕まりましたね!
やっぱり!という感じです。もぅ前から目が逝ってましたけど
更におかしくなってますね。
まさか!監獄ブーム到来を先読みしてたのか・・・アイツ・・
もぅアイツがこの先 生きてゆくには、マーシーUltra Zoomという
盗撮に強いカメラを開発して、このデジカメ戦国時代に
殴り込みをかけるしかないのでは?と悲しい開発を彼に勧めたい
のですけど、いざ発売されたらすぐに買っちゃいそうな自分も悲しいです。
ちなみに、この話題の入り口がムリヤリすぎるだろ!?と
御思いの方は、覚えておいてください。
時には無理をして頑張る事も、人には大切で必要だという事を。

さて、今までの話なんて正直どーでもイイ事なんですが
ここ数日、すごいシーンが割と俺の家の近くでありました。
まず、これは地元からは少し離れてたのですけど、ガス爆発!
建築現場で起こった惨事だったみたいですけど、死亡3人
けが人6、7?名の大爆発があったそうです。
サッパリ知りませんでしたけど、若い人も亡くなられたそうで
とてもショッキングでしたね。可哀想に。。。

んで、もう一つ。これは昨日のことなんですが、家からすぐ
近くの所でミニパトが巡回だか何だかをしてたみたいなのです。
あ、でも昼だから巡回ではなかったのかな。。。
とにかく走ってたら、まだ小学生の低学年の子を跳ねちゃいました。
ナイスアフォ婦警。まぁ、小学生が当たり屋なわけないし
防ぎようのない一方的な飛び出しならまだしも、車 対 人間は
人が絶対なので、急な飛び出しにしろ、止まれるくらいの
徐行をしてなかった&単なる前方不注意になりますよね。
近くに立ててあった交通安全運動という看板がおそろしく悲しかったです。
しかも、大した事故ではなかったわけですけど、やはり救急車とかも
来て、笑えたのが行きも帰りもサイレンを鳴らさないで逝きやがった。
アイツら、絶対に鳴らさないように頼み込んだくせーな(笑)

ってゆー二つの事件を本日はお送りしました。

本日の俺的事件もあるのですが、コレに比べてしまうと間違いなく
茶番劇なので、素直に書くのを止めておきます。では。
[PR]
by Brother_M | 2004-09-23 19:43 | like a diary?
その昔、キムタクと浜ちゃんが撮影を終えタクシーに乗った瞬間、後ろに
居たギャラリーが興奮をし、何故だか最前列へとスルスル移動してしまって
いた俺は、その集団へ前へ前へと追いやられ、タクシーの窓に顔を押し潰され
キムタクと浜ちゃんに爆笑された経験の持ち主のYUMEです。
皆さん、おはこんばんちわ。今日も東京は蒸し蒸しと暑いです。
いま全裸です。左に寄っちゃってます。
ホント窓一枚を隔て、すぐ目の前のキムタクが「マジ、大丈夫なの?(笑)」と
言ってたのを今でも覚えてます。マジ心配ありがとキムタク。
でも、大丈夫ではなかっただろ?どー見ても(汗)

さて、ウチの喫茶店での話です。少し前に有線の工事が入りました。
普段はJAZZだったり、ピアノ系のしっとりとした耳障りにならないものをウチ
は流してるのですが、工事の間、しばらくBGMが鳴らせなかったわけです。
でも、ウチには自動演奏のピアノが置いてあるので、そいつを使えば
BGMにできるわけですけど、ただ、この自動演奏が音量を最小にしても
少し大きいんです。カウンターくらいなら程良く聴こえるのですが
ピアノに近い席だと、お話などをしてる人達にはちとウルサイ。
つまり使えないわけです(笑)けど、人が弾いて、ミュートペダルみたいなのを
入れておきながら、加減して弾く分には、微かに聴こえてイイ感じになるのです。

すると、ウチの親が何やら常連とカウンターで話してる。
「あ、ゆめ。いま有線工事してるから、その間BGMよろしく」と。
アフォか?意味がわからねぇー。シカトしました。
するとこんな会話が聞こえてきた。
「あ、何でも弾いてくれますよ。言ってみれば?(笑)」と。
するとカウンターのオバさんが「冬のソナタの曲を弾いて!聴きたい♪」と。
アフォか!?観たことねぇーし、曲知らねぇーし。

んなことをカウンターで俺に向かって話してると、近くに居た俺より若そうな
二人組みが俺に話しかけてきた。
「え?ここってリクエストすれば弾いてくれるんですか?」
いや、ウチはそーゆー店ぢゃねーし。

するとカウンターで弾け弾けとあまりにウルサイので、仕方なくピアノにつく俺。
んで、カウンターの奴が、「じゃあ竹内まりあの曲をお願い!」とこれまた勝手な
オーダーが入り、仕方がないのでとりあえず竹内まりあの中で聴いたことの
ある曲「シングルアゲイン」という曲を弾いてみた。
もちろん、楽譜もなければ突然だ。んなもんで
間奏とかもチョー適当に。とりあえず1曲何とか弾き終えた。

すると、若者が「おぉ!イイ~」とか言っちゃって
「あ、こっちもリクエスト良いですか?」と。
だからそーゆー店ぢゃねーから(汗)と言いたい気持ちを抑え、とりあえず
「何ですか?」と。すると若者は、「オレンジレンジの・・・」

アフォか!そんなのピアノで弾けっかよっ!!
もっと考えて選曲しろよ!!!(汗)
と言いたい気持ちを堪え、
「あのぉ・・・もっとピアノで弾きやすい曲の方が・・」
とツッコミを堪えに堪えてナイス紳士な店員YUME。
すると、「じゃあB'zで」と。B'zもロックだろ!と突っ込みたかったが
とりあえずバラードもあるので〝もう一度キスしたかった〟ってのを
思い出しながら、やはり超適当に弾きました。

そんなこんなで結局この日、俺がリクエストに応え弾いた曲。

竹内まりや 「シングルアゲイン」
B'z 「もう一度キスしたかった」
宇多田ヒカル 「First Love」
松田聖子 「Sweet Memories」
小田和正 「言葉にできない」
ケミストリー 「You Go Your Way」

以上6曲。


お前ら、チケット代払えよ コラ。
[PR]
by Brother_M | 2004-09-20 22:21 | like a diary?
皆さんはこれからの秋の夜長をどうお過ごしになるつもりでしょうくゎ?
俺は最近、考古学に凝っていて、食後はいつも考古学に纏わる本や参考書を
とにかく毎晩読みふけっています。昨晩なんて、ご飯食べてから
写真撮って、テレビ見て、パソコンやって、筋トレして、独りで鏡に
向かって手品して独りで驚いて、飽きたので馬被って、虚しくなったので
ピアノ弾いて、またパソコンやって・・・と、本当に考古学で頭がいっぱいです。
ちょっとタイムスリップしちゃいましたョ。

とりあえずエイプリルフールから5ヶ月と15日も過ぎてるってのに
相変わらず平気で大嘘を付く事が大得意のYUMEです。
皆さん、おはこんばんちわ。

さて、読書!ですが、皆さんは本をどれくらい読まれますでしょうか?
雑誌系などは除いてです。どれくらい読まれます?
俺はというと、雑誌系は読みますが、最近全くと言って良いほど読んでません。
小説やエッセイ集、詩集などなど、きっと探せば読みたいのもあるだろうし
読めば読みふけると思うのですけど、如何せん俺は昔から本屋が苦手
なんです。なぜか落ち着かない。
俺と同じような人いませんかね・・・?本屋に居ると尿意を催す人!
ちなみに俺はかなーりトイレ遠い方なんですけど、本屋とかくれんぼしてる時は
おそろしくトイレに行きたくなるんです。
昔、警泥(ドロケー)という『かくれんぼ+鬼ごっこ』みたいなのをしていた時
おしっこをしてる最中に友達に捕まえられて、おしっこしてる状態で10秒
数えられたこともあります。しかも婦警に(友達の女の子の警察役)

だから、雑誌などいつも買ってる決まったものならスグに買ってこれるのでOK
なのですが、本をじっくり選ぶとかが苦手なんです。更に苦手なのが
図書館!あそこは尿意とかではなく、あのシーンとした中で本を読むってのが
俺は苦手で、おそらくそんなのがあるので、マンガ喫茶とかも苦手だと
思われます。

で、先日、WEBデザインの本を見るべく、仕方ナシに本屋に行ったのです。
そこでWeb Color Inspiring Index という WEB上にある様々な
デザインに優れたサイト(プロ作成~アマチュアまで)が紹介されてる本を
見たのです。ま、一言で言えばWEBデザインの参考書みたいな感じですかね。で、この本はサイトの背景色だったり、サイトイメージカラーのように
色ごとで紹介欄にサイトが載っていて、例えば・・・黄色だったら
目立つ色の代表で、多くの国がタクシーなんかに採用してる色で、またキッズ
が好む定番カラーとして子供服や玩具などにも好んで使用される色なわけです。

【参考例】
黄色だったらバザールでござーるとか
黒だったらageha.comだとか。

しかし、白のページを見てみると、載ってるはずのサイトが見当たらない。
おかしい。なんであのサイトが載ってないのだろう?
俺は不思議でなりませんでした。白と言ったら、何千何万とあるWEBサイトの
中でも、あそこの他に無いだろう?あそこを除いちゃダメだろう?
なのに何故に載せないのだろう・・・と。
そうボクの心のお友達newroadさんのロクでもないあの殺風景なサイトです。

【参考例】
白色だったら下水道

少し前にnewroadというサイト名も変更してしまい、現在は「下水道」という
すっかりとイメチェンしたサイト名になってますが、以前の白背景から
今回は360度もイメージを変えてしまって、全く同じく白背景で
この上なく殺風景なあのサイト。
しかも現在は~願いは高く遠く雲の上までスペシャル~ 期間中だってのに
何故にWEBデザイン参考書に紹介されてないのかが不思議で仕方ないと同時に、もぅ怒りすら覚えてしまってるので、これから講義の電話をしてみたいと思ってます。



頼んだPIZZAがまだ来てないので。
[PR]
by Brother_M | 2004-09-16 20:19 | like a diary?
今までも何回か掲載した一緒に住んでるイトコのKANTA(4歳)の話。
また一つ、YUMEとKANTAの堅い絆で結ばれた
家族愛のお話を今回もしてみたいと思います。ハンカチーフのご用意を。

~今までのKANTAに関するブログの記事~
6/30付の 「人生の意味なんて解らなくったって ウケルもんです意外と 」
7/10付の 「本日のありえない」
7/11付の 「本日の気持ち悪い」

奴の名はKANTA。俺に初めてできた、たった一人の可愛いイトコ。
28歳と4歳という二まわりも離れていながら
おーるうぇいずナイスコンビネーション。
俺の弟のEMUとは違う何かを、KANTAはYUMEに感じている。
KANTAはYUMEが大好き。
YUMEはいっつもフザけてるから。
人生そのものがフザけてるから。。。



先日2階に下りようと階段を下ってると
KANTAが(KANTAの)ママに怒られている。
それでもKANTAは悪フザケをしてはしゃいでる。
階段の踊り場で少し様子を見てみる俺。
すると、「もぅ!やめなさいっ!!どこでそんなの覚えてきたのっ!!!」
本気で怒られてる。なのにKANTAは怒られてる事なんて気にも留めず
完全におふざけモードだ。そして、よく聞くと
『ちんこマーン!ちんこマーン!!参上!!!』とか言ってやがる。
そりゃ~怒られるはずだ。なんてお下品なっ!
4歳の子とは言え、イトコとして恥じる。とんでもない奴だ!
しかし、数日前に俺がKANTAと遊んだ時のことをふと思い出した。

あの時たしか・・・3階に来てたKANTAに俺が攻撃を仕掛けた時
俺は何かに変身してたな。。。
そう、たしか・・・冷蔵庫からウィンナーを出して変身した記憶が・・
そうだ!ちんこマンだ。奴の正体は・・・えええええぇぇぇっ!?俺か。。。(滝汗

「もぅ!ホントに止めないとブツよっ!!」とママ。
『ちんこマーンキーック!!』とKANTA。
‘実は俺なんです、ちんこマン。。。’と心でウィスパーYUME on the 踊り場。

「カンタっ!どこでそんなこと覚えてきたのっ?!(怒)」ママ尋問。
俺は走って『KANTA~遊ぼうぜっ☆』と口封じのためにも
KANTAを拉致。KANTAは「あっ、YUMEだっ♪」と
嬉しそうに駆け寄って来る。ソッコーで3階にKANTAを連行。

『KANTA、ちんこマンの事は絶対にママに言っちゃだめだよ?
 もし、KANTAがソレ言っちゃったら、お化けが夜に出ちゃうし
 ちんこマンも2度と戦えなくなっちゃうからね』と強引な説得をする28歳。
「うん!」と素直に了解したKANTAに俺は
『偉い!KANTA!!偉いから100円あげるね♪』と小銭を握らせる。

しかし、これが間違いだった。100円を嬉しそうに握り締め
2階へとに下りて行ったKANTA。とりあえず尾行し、また階段の所で盗み聞き。
すると、「誰にもらったの?その100円。」とママに問い詰められたKANTAは
あっさりと、『YUMEがくれたんだもん。
〝ちんこマンの事ママに言っちゃダメだよ!〟
って言われたから、うんって言ったら100円くれたんだもん!』
俺の作戦・・・
____________THE END________________


テメッ、100円返せ・・・このヤロっ・・
ただ、俺は悔しかったけど、仕方ない。。。とムリヤリ自分を納得させた。
何故なら、KANTAが何らかの覚え間違いで、『ちんこマーン』の後に〝コ〟を
付けて連呼しなかっただけでも、きっと良かったんだョ。。。と。
奴とのバトルはこれからも続く。
[PR]
by Brother_M | 2004-09-01 19:47 | like a diary?