貴様ら!お時間あったら、ぜひ読んでって下さいね。


by Brother_M
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:camera/photo( 40 )

嬉しいですね

ある人のHPで俺のブログ『お前ら!写真撮りましたので見ていきませんか?
が紹介されてました。嬉しい限りです。ありがとうございました。

どーやら、俺と同じカメラを使ってるらしく、それまで書いてある事を読んでると
その人はかなりカメラの知識がありそうなのですが、そんな人に
自分と同じカメラを使ってるのに、どーして綺麗に撮れるのだろう・・・。と
書いてもらって紹介されてました。ありがとうございます。素直に嬉しいです。

で、どーしてか?っていうと、俺の心が綺麗だからです(笑)
あとは、カメラ側の設定や、綺麗に写りそうなモノを選んでるってことも
ありますけど。ただ、やはり夜は少しボヤけるので、シャープをかけることも
多いですけどね。これもアンシャープマスクが得意とする被写体と
そうでない被写体でかなり掛け方、もしくは掛けるか掛けないか
が決まってきます。直線的なものが多い被写体、例えば建物だったり
そーゆーものにはアンシャープマスクってのは強いです。発揮します。
が、草や木だったり、あーゆー細かい、特に遠景の自然を撮った風景
そのような被写体では、アンシャープマスクは苦手としてるので
掛けたり、掛けすぎると、おかしくなりますのでご注意を。
ただ、このKD-510Zは、かなりイイ感じで撮れると思うので
アンシャープマスクを掛けなくても、ぜんぜん見るに耐えうるものには
なりますけどね。これはお好みでしょうか。

KD-510Zの場合は、昼はオートで全然OKですけど、暗くなってきたら
マニュアル露出で撮ることを絶対にオススメします。
このカメラ、とても名機だと思うので、お使いの方は存分にその良さを
味わっちゃってください。
[PR]
by Brother_M | 2004-12-03 13:31 | camera/photo

俺が写真を始めた理由

今回のcamera/photoは、写真やカメラのことではなく、俺のことでも。
俺が写真を始めた理由を書いてみようと・・・

以前のコラムでも一度このような事を書いた記憶があるけれど
YUMEが写真を始めたきっかけってのは何?
そう問われることがある。俺はこれだけは即答できる。
というか、今までも即答してきた。



俺は昔から絵だったり写真だったり、観るのは確かに好きだった。
だけど、それを自ら描いたり、撮ったりしようなどとは
あまり昔は思わなかった。
もしも、俺の周りにカメラが詳しい人が居て、
その人の写真に魅せられたり、また勧められたりしてたら
もっとガキの頃から撮ってたのかもしれない。
でも、そんな人はずっと居なかったし、ほんのちょっと前まで
そのように勧めてくれる人も居なかった。そのような人が
俺の目の前に現われてる時は、俺は既にカメラを手にしていた。

それなら何がきっかけだったのか?
それは、俺の周りに居てくれる大切な仲間と
楽しく過ごしてる時にフッと思った事だった。

周りに居てくれる奴らには、照れくさくて普段クチでは言えないけれど
俺は常に感謝をしてるし、そいつらと過ごす時間が何よりも楽しい。
みんなが楽しそうに話してる。俺の言うことに笑ってる。
隣の奴の頭をはたいてる。じゃれ合ってる。腹抱えて笑ってる。
本当に楽しそうに笑ってる。
人生の中ではホント何てことない一瞬かもしれないけれど
俺はその瞬間を残しておきたかった。

もちろんネット上なので、友人のプライベートを
勝手にアップロードしたり、そいつらに断りもなく公開して
皆さんにお見せすることはできないけれど
見直してみると、やっぱりイイねぇ~仲間達が笑ってる写真って。
他人から見たら何てことないものだろうし、構図がどうだろうが
技術がどうだろうが、それが写真始める前に撮ったサッパリ素人な
写真だったとしても、俺にとっては
やっぱりイイ!って、見直すと改めて思う。
ま、ネットで風景ばかりを見せてる俺の写真からは
想像できない答えなのかもしれないけれど(笑)



___YUMEが写真を始めたきっかけって何?____

『みんなが楽しそうに笑ってる瞬間を残しておきたかったから』

この一言に尽きますな♪

a0016551_0191349.jpga0016551_019437.jpg
a0016551_0265595.jpga0016551_021181.jpg


ちなみにプールで皆が笑ってるのは
[PR]
by Brother_M | 2004-11-23 00:27 | camera/photo
さて、今回のphoto/cameraでは、近頃あまり書いてなかった
お勉強的なというか、知識になるっぽい事を書いてみますかね。
検索エンジンからお越しの方もいらっしゃると思うし
カコちゃんみたいなカメラに詳しい人達のためにも。

カメラが好きで、いろんな雑誌やサイトなどを見ていると、
「収差」という二文字を見ることがあると思います。
カメラの世界では、この収差と呼ばれるものにはいくつか種類があり
よく耳にするのがワイド側でよく見られる「歪曲収差」や
望遠側でよく見られる「色収差」というものがあります。
で、今回はこの歪曲収差について、少し簡単に説明したいと思います。

写真を撮ってソレをよく見ると、直線的だったものが
少し歪んで、微妙に曲線的に歪む場合があります。
皆さんも写真を撮って「あれ?歪んでね??」ってこと
今までありませんでしたか?
これは収差と呼ばれるものの一つで、それよってそのような
写りになってしまうのですよね。で、この歪みによる収差は
主に広角側で撮った時に目立つようになります。
基本的にはレンズが広角であればあるほど、これが強く出る傾向にあります。
だから各メーカーともこの歪曲収差を少しでも抑えようと必死で
レンズやカメラの製造に力を入れるわけです。
これらをわかり易く判断するには、縦横のラインが直線で
きっちりと出てるものを撮ると、これらの収差が確かめやすいです。
たとえば、ブロックやレンガで出来た壁だったり、障子なんかもいいですね。
建物でももちろんわかりますけど、とにかく縦横の直線が出るものを
撮ると、確かめやすいと思うので、ぜひW端などで撮って
確かめてみてはいかがでしょうか?

今書いたのを読んでもらっても解るように、この歪曲収差を無くすように
各メーカーは努めるわけですから、歪みが無ければ無いほど
良いレンズというわけです。もちろんフィッシュアイなどの魚眼レンズは
あの歪みが味なので、別ですからね(笑)

で、レンズ設計は望遠レンズよりも広角レンズの方が難しいと言われてます。
変な話、望遠側に数十mm伸ばすより、広角側に1mm伸ばす方のが難しいと。
現在では、コンパクトデジカメでW端28mm~なんて結構出てきてますけど
これは、だいぶメーカーの技術が進んだことの証ですね。
つい先日はNikonのE8400が24mm~なんての出しましたしね。
それでも、まだまだ改善の余地があり、これから良くなっていくのでしょうけど。

さて、少し話が逸れましたが、このワイド側で
撮った時に出る歪みにも種類があるんです。
一つはパースペクティブ(遠近感)によって出る歪みです。
歪曲収差とよく混同する人がいますけど、これは全く別物です。
例えば、高層ビルを下から上に見上げた形でワイド側で撮ると
ビルの上に行けば行くほど細長く見えたりします。
これはまさに広角特有の遠近感によるもので、被写体が近ければ大きく写り
遠ければ小さく写る。画角が広いので面白い感じでこれらが強調され
そのように写るわけなんですよね。このパースペクティブを利用して
面白い画を撮る。これこそまさに広角の醍醐味でしょう。
ただ、これは広角レンズなら当然のことなのです。

では、もう一つの歪み、歪曲収差。これがまさに、皆さんが広角レンズや
広角撮影可能なカメラを買うときに、最も気になる一つのポイントになります。
なぜならこの歪曲収差とは、レンズの設計上の光学的な弱点だからです。
この歪曲収差にはパターンがありまして、「樽型収差」と「糸巻型収差」
これらが複合したのが歪曲収差です。

特徴としては、樽型はこんな感じになります。
a0016551_21373573.gif


次は糸巻型です。こんな感じです。
a0016551_21384175.gif


本来なら理想はこのようになるわけです。


a0016551_21391177.gif



どんなレンズでも程度は別として多少の歪曲収差ってのはあるんです。
いかにこれを目立たなくして抑えてるかが、良いレンズとそうでないレンズの
分かれ目になるわけですね。ちなみに、レンズ設計が複雑であれば複雑で
あるほど出やすいものなので、単焦点レンズよりは複雑な設計の
ズームレンズの方が、これが目立ちやすい。これも覚えておいてください。

今回はちょっとしたレンズの知識でした。では、また次回!
[PR]
by Brother_M | 2004-11-13 21:39 | camera/photo
ずっと次回のcamera/photoでは、写真をlomoで撮った風に
レタッチする方法を書きますと言っておきながら、未だに書いてないYUMEです。こんばんは。今回も面倒なので、暇があって気が向いたらソレ書きます(汗)

さて、昨晩こんなメールが来ました。
「ケータイで綺麗に可愛く写るには、どーすれば?」と。
正直このおテーマの方が、たくさんの女性が訪問してくれてるウチのブログ
では、こちらのが興味ある事なのかもしれませんね。そこで、今回は俺なりに
そのように写る点をいくつか考えてみした。

ハッキリ言ってしまうと、俺はケータイカメラにはさほど興味がありません。
でも、ちゃんと撮れば、それらしくは一応見えます。
現在では、カメラ顔負けのケータイも出てますしね。

で、本題のどーしたら可愛く綺麗に撮れるか?なのですが
一言で言ってしまえば

本人が可愛けりゃ、可愛く写ります!

これに尽きます。以上!
と言ってしまうのは、あまりに可哀想なので、まず・・・

其の壱。写る時に、目線をカメラのレンズに向けない。向けると大抵
少し上を見てるような感じに写ってしまうので、アホっぽく写ります。
レンズの数センチ下見るくらいで、正面くらいに写ると思われ。

其の弐。強い光の下では撮らない。直射日光でも電気の明かりでも
光が強く当たってたりすると、ケータイの場合、白飛びの可能性が高いです。
鼻のラインだとか写らずにノッペリします。
てか、この方が綺麗に写る人もいたりして(汗)
明るさをマイナスに少し振るくらいでイイですよ。
本来女性をちゃんとしたカメラで撮る場合は、肌が綺麗に見えるように
少し普段の露出の感覚よりも+気味で撮るものなんですけど(状況にもよるけど)
ケータイだと、顔も背景も全て飛んでしまう可能性あるので
まぁ、画面見ながら、調節してみては?

其の参。よくケータイを上の方に持ち上げて撮りますよね?
その方が可愛く写るとか言われてます。
あれも一つの手かもしれません。が、可愛ければ、正直
正面顔も可愛いので、正面顔に自信のない方はどうぞ。

其の四。変な写りで撮れてしまったら、変顔フォルダを作っておき
その中へ保存しておく。友達に見せる時に、「コレ変顔したんだぁ」という
言い訳が利くように。

其の五。大塚美容整形外科に通う。これもオススメします。

其の六。開き直る。これもなかなかイイ手です。
[PR]
by Brother_M | 2004-11-12 00:29 | camera/photo

a0016551_7565738.jpg


お前ら!写真撮りましたので見ていきませんか?でも載せましたが
YUMELOGだけにお越し人も結構いますので、ここでもせっかくなので
俺が撮った夜景を観てもらおうと、URLを載せておきます。

これはW.T.Cからの眺めです。とても3万弱で買ったデジカメとは思えない
写りをしちゃってます。イイです。ぜひフルスクリーンでご覧ください!
ただし、WinXPのsp2をご利用の方は、
IEの「ツール」⇒「インターネットオプション」⇒「セキュリティー」と進み
「レベルのカスタマイズ」ボタンをクリックし、「その他」の項目の
「サイズや、位置の制限なしでスプリクトででウインドウを開くことを許可する」を
「◎有効にする」にする必要があります。

800×600 と 1024×768 用の二つ用意してあります。
1024×768以上の人は、解像度を1024×に合わせると
かなり良い感じに見えると思うので、ぜひ合わせて見てください。

お得意のサッパリ著作権無視でBGM流してますので
お仕事中の人は気をつけて!


★for 800×600 from W.T.C
★for 1024×768 from W.T.C
[PR]
by Brother_M | 2004-11-06 00:05 | camera/photo
さて、今回のcamera/photoは、当初予定してたlomoっぽく写真を加工する方法を止めて、ここに来てくれてる常連さんには申し訳ないですが、検索エンジンからお越しの方の為に書いてみたいと思います。俺は3つブログ持ってますが、ダントツでというか、YUMELOGには、かなり検索エンジンから来てもらってるので、たまには有益な情報を渡したいと。。。(笑)
ここ数日も相変わらず色んな検索ワードで飛んできてもらってます。
例えば、相変わらずの「ロシアパブ」だったりとか「汁女優」(おそらくT9Gのせい)とか。で、今回は、少し前に買った、「KONICA KD-510Z」というデジカメについて書いてみたいと思います。

このKD-510Z、1年以上も前に発売されたものなのに、未だにこいつを探し
求めてる人が多いですねぇ。。。もぅ取り扱い店も少なくなってきてます。
でも、それだけ名機ってことなんでしょうね。
俺も買ったのは最近ですけど、実はもっとずっと前に本当は買うはずでした。
だから、買う前にはかなり下調べもしてあったし、実際に使ってる知り合いの人
に情報を聞いたり、また店頭でも、触って自分で確かめてました。

で、このカメラの特徴としては、素晴らしいほどの解像感と、エッジが効きすぎ
だよ!ってなくらいカリッとしたシャープな絵作り。発色は意外とこってり。
そんな感じでしょうかね。こんな特徴が挙げられます。

よく価格ドットコムで、暗い所ではこのカメラは弱い。などと書かれてましたが
たしかに、そのような状況ではAFはあまり強いとは思いません。が、俺は
判ってました。このカメラこそ、夜景を撮るのに向いてる!という事を。
正直、俺は夜景用に買った。そう言っても過言ではありませんね。
夜景とかになれば、大抵どんなカメラでも、この手のコンデジではAFの差など
気になりません。てか、似たり寄ったりです。
先述したように、この掛かりすぎだろ?ってなくらいのシャープなエッジが
夜景撮影には功を奏するのです。そして、先日初めてこのカメラで
ちゃんとした夜景を撮ってみました。結果は・・・
やはりイイ!素晴らすぃ!!の一言です。
ま、判ってはいましたけどね。散々夜景専門に撮ってるお知り合いからも
ススメられてたので。
今回はお見せしませんが、素晴らしい夜景を後日皆さんにお見せしますので。

で、この解像感に優れ、シャープすぎるエッジな絵作りが、このカメラの特徴
というか、良さではあるのですけど、やはり撮るものによっては、チョットやり過ぎかなぁ~なんて事も思うわけです。まぁ、そーゆー絵作りを嫌う人は
そもそも買わないのでしょうけど。ただ、俺なりにこのような設定が良いのでは?という事を少し書いてみたいと思います。

例えば、女性だったり子供だったり、ソフトな感じで撮りたい時は
画質設定のシャープをマイナス側にに振ってやると良いと思います。
マイナス1とか、時には2とか。あと、個人的に思った事は
マクロで花を撮る時なんかも、マイナス1くらいで良いかもしれませんね。
とにかく、温かみだったり、ソフトな感じで捉えたい被写体の場合はマイナス1
くらいで良いと思いますよ。もちろん建築物なんかは、このカメラの良さを
最大限に発揮できると思うので、デフォルトで良いと思いますけど。

で、これは被写体に関係ないのですけど、デフォルトの露出の感覚を
±0ではなく、-03~-0.6くらいで捉えていた方が良いかもしれませんね。
まぁ、これはデジカメ全般に言えることですけどね。俺なんかは-0.6を
±0の感覚で考えて、つまり±0の時は、+2/3の露出くらいで捉えてます。
ただし、これはマニュアル露出時のことで、なぜかこのカメラは
マニュアル露出時とオートの時の露出の具合が違います^^;
オートの時(特に室内など)は、マニュアル露出時より確実に暗く写るような
気がするので、俺はオートの時の基本は、±0を標準値として考えます。

次に夜景の時は、遠景を撮る場合は特にですけど、シャープ・彩度・コントラスト
最高値にしちゃいます。これは好みにもよりますけど、先述した夜景専門で
撮ってる知り合いの方がこの設定で撮ってるらしく、彼の夜景写真が好きなので俺もそのようにしてます。もちろんデフォルトでも素晴らしい絵作りをしてくれる
ので、お好みで色々と試してみてください。で、夜景の時は、絶対にマニュアル
露出です。昼はオートでも十分な気がしますけど、夜景はW端ならF4.7で
撮るべきですね。ちなみに、ISOは50!このカメラ、上げても100までです。
てか、ISO上げるとこのカメラはやたらとノイジーになってしまうので
基本は常に50で良いと思います。

俺が今書ける事と言えば、こんなところまででしょうかね。
これから使い込むにつれて、もっともっと色々とわかってくのでしょうけど。

まぁ、後日「お前ら!写真撮りましたので見て行きませんか?」の方や、こちら
のYUMELOGでも、特別ページ設けてお見せしますけど、
せっかくなので1枚だけ、KDで撮った夕闇の写真を載せておきますかね。
っつっても、ここだとスキンの関係上&容量的に、小さいサイズでしか
載せられないので、何てことない写真に見えてしまうけど。。。

a0016551_2056182.jpg

[PR]
by Brother_M | 2004-10-31 20:59 | camera/photo

Macro(マクロ)撮影 PART2

それでは前回の続き、『マクロ』について、今回は実際に写真を
見ながら、もう少しだけ触れてみましょう。

まずは携帯のマクロで撮ったトンボ。
個人的には、これだけ写れば十分かな。
a0016551_2375015.jpg

一応ですけど、やはりマクロってこともあり、背景が少しボケてますね。
俺の携帯は130万画素と、今となってはとても平均的な画素数。
ただ、ネットで見るくらいであれば、画素数なんて200万画素以上
あれば十分であるわけで、携帯画像がデジカメの画質が劣ってしまうのは
他に理由がたくさんあります。だから以前にも書きましたけど
画質≠画素数 だということですね。

正直、高画質を望んで新しい携帯を求めるなら、俺なら単焦点ならではの
メチャ写りがイイIXY L(2万円強) あたりのデジカメ買いますね。
てか、今欲しいのだけどねコレ(笑)
いくら携帯のカメラが良くなっても、まだまだデジカメには
敵いません。現在ではデジカメと同等の画質を得るのには
物理的に不可能なので仕方のない事ですけどね。

さて、少し話が逸れてしまいましたが、ここからが本題。
マクロにはワイドマクロといって、ワイド側で撮るマクロと
テレマクロといって、望遠側で撮るマクロがあります。
ワイドの方が、当然ですけどカメラ自体は被写体に近接できます。
ま、その分、テレ側では自分自身が動かなくても、ズームで
寄る(大きく写す)わけですけど、同じ写りか?と言われれば、違います。
これは、どーいったマクロが撮りたいのかによって使い分けしますかね。

背景を多く入れたいならワイド側で撮るとか。
被写体をよりメインとして大きく、少し写りこむ背景をよりボカしたいなら
テレマクロだとか。あとは、近づけない時だとか。まぁ、いろいろと・・・
ただ、一般的なコンパクトデジカメでは、テレマクロと言っても
大きくは撮れるけど、ボケにくかったりと、たかが知れてます。
マクロ機能に強いデジカメや、高倍率ズーム機だったり
更には、一眼レフのレンズなんかだとテレマクロ機能が
付いてるものなどあるので、イイ感じの写りになりますけどね。
実際にデジカメをお持ちの方は、試してみると良いですよ。
ちゃんとテレマクロが使えるデジカメだとこのような違いが出るというのを
ご自分でこちら(CLICK!)で確認してみてください。

それでは、ここからはデジカメで俺が撮ったマクロの写真を見て行きましょう。
俺はC-3100ZoomとKD-510Zというデジカメを持っていて
3100の方は、ワイドマクロでの最短撮影距離が20cmで
510Zは、ワイドマクロでの最短が6cmです。
つまり510Zの方がマクロには強いというか、適してるわけですね。

ただ、3100ZOOMは、そのままで撮影するとマクロに弱いカメラなんですけど
こやつは拡張性に優れてるので、マクロレンズであったり、クローズアップレン
ズというものを装着できます。ですので、今回は3100ZOOMで撮影しました。

まずは、C-3100ZOOMでの通常のマクロ。ワイド側です。
(この撮影はMCON-40+AC-NO.5は使用してません)
a0016551_23515413.jpg



今度はマクロレンズにクローズアプレンズを重ねて装着して、テレ側で
テレマクロとして撮ったものです。より大きく写せて被写界深度が浅くなって
ますよね?背景がボケボケです。本来は、背景は被写体と距離がある方が
ボケるわけですけど、マクロレンズ+クローズアップレンズを装着してるので
すぐ後ろの草がボケボケになってます。また、これだけ小さい水滴に焦点を
合わし、中に周りのの写り込みも確認できると思います。
着けたことにより被写体を大きく写せるので、先ほどの蝶の写真より
被写体をかなりアップで写せてますよね?
a0016551_23562969.jpg


で、このマクロレンズというのは、簡単に言ってしまば虫眼鏡と同じです。
もちろん、いろんな収差を抑えるように設計をされてるので高価ですけど
皆さんがお持ちのデジカメにたとえコンバージョンレンズを装着できる拡張性
が無くても、100円ショップで売ってるような安いルーペなどがあれば、
レンズ部にそれを当てがうと、このように大きく写せます。こいつをレンズ代わり
にするわけです。まぁ、マクロレンズも要はこーゆーことなので。
実はかなーり使えるんですよ、このルーペも!興味ある方は、ぜひやって
みてくださいね。もちろん写りは別としても、一応携帯でも同じ事が
できると思いますので。

マクロ撮影っていうと、ついつい小さいものを近くで撮影するイメージ
しかないですけど、俺なんかは、むしろ人物を写す時になんか
に使いますね。コンパクトデジカメでは、背景がボケないので
ズームを望遠にして、マクロ機能ONにして、適当な距離で撮ったり。
あまり植物や昆虫、物などのマクロ撮影をしない俺は
こっちの撮り方のが多いかも。。。ま、これからはマクロレンズを
手に入れたので、いろいろ撮っていきますけどね^^;

さて、最後に!これから紅葉のシーズンなので、どこかで観られる方も
多いと思いますので、紅葉の撮り方について、マクロを兼ねて
少し説明しておきましょうかね。

紅葉を撮る時で、もちろん風景全体を撮る場合は、露出や構図だけ
を気にして、あとはカメラ側で彩度などを上げられるカメラなら
彩度を上げて撮ったりと、これくらいで良いですけど
紅葉をUPにして撮る時に、とても綺麗に写す方法があるのです。
例えば、テレマクロで、モニターを見ながら紅葉の葉にピントが合う
最短距離で撮るとします。その時に、1つ条件があります。
葉の後ろから光が射していること。つまりは逆光ですね。
光が葉に透けて、より鮮やかに紅葉を写し出すんですよね。
もちろん、テレマクロじゃなくて、普通のテレ端撮影でも良いですし
ワイドマクロでもいいです。葉を割とクローズアップする時は
葉の後ろから日が射して、葉が透ける状態でぜひ撮影してみてください。
とても綺麗な写真が撮れますよ^^
撮れたらフォトコン投稿してみてくださいね(笑)

今まで俺はマクロ撮影ってあまりしなかったのですけど、これからはけっこう
撮っていくと思うので、ぜひ『お前ら!写真撮りましたので見ていきませんか?』 の方もチェキラ☆してみてください。
では、次回のcamera/photoでは、フォトショップを使って
ちょっぴりLOMO写真ちっくにレタッチ!というのを紹介したいと思います。
[PR]
by Brother_M | 2004-10-15 00:00 | camera/photo
さて、本来なら前回の続きのマクロ撮影を書くはずだったのですけど
ちょっと時間が取れなくて、マクロ検証用の写真を撮影できないもので
今回はフォトコン入賞への近道!
と大それたテーマで書いてみたいと思います。

これは実際のカメラ雑誌や、WEB上で募集してるフォトコンに応募する際にも
参考になりますので、ぜひ一読してみてください。俺もこーゆー点を
見てますので。ってのを、皆さんにもお解かりになってもらうためにも。

1)背景がスッキリしている。
  ゴチャゴチャしてないで、被写体が活きているもの。

2)テーマ性がハッキリしている。(被写体を欲張らない)

1番と2番に共通してることがあります。それは以前もphoto/cameraの
最初の方に書きましたけど、写真でゴチャゴチャしてたり、コレもアレもと
写したいものを全て入れてしまうと、見る者の注意を散乱させてしまうからです。また、そのようになると、テーマ性というのも曖昧になってくるんですよね。
だから、背景などはスッキリ!が基本として考えて、メインを欲張らないで
明確にさせる。そうすることによって、テーマ性が見えてきますので。


3)見る者の想像力を膨らませるモノ。

これは全部の写真をこーしろと言うのではなく、こーゆー写真は
選ばれる確立が高い!ということです。
例えば、以前にYUMELOGで人の横顔などを撮る時の撮り方などを
説明したことがありましたよね?その時に〝視線の先に空間を空ける〟と
書きました。これは、空間が無いことで、単に息苦しい写真になるのを避けるためだけではなく、視線の行方の先には、一体何があるのだろう?という
見る者の想像力を膨らませる効果にもなるわけです。
あと、タイトルの重要性を散々言ってきましたが、これもある意味
想像力だとか、より写真を活かす重要なポイントになりますので
決して軽視しないように。この辺のセンスなんかも見させてもらいます。


4)構図を考える

もし、皆さんが撮りたい!と思ったものがあったら、一度、撮るのを止めて
立ち止まってみてください。そして、普段なら構えないようなアングルからなども
試しに撮ってみましょう。しゃがんでみたり、何かに登って高い位置から撮ったり、カメラを傾けて撮ったり。ただし、シャターチャンス活かすようなモノの撮影の話ではないですからね(笑)あくまでも静止物であったりです。お間違いなく^^;
あ、もちろんアングルだけではなく、写真のどこにメインとなる被写体を置くかも
考えましょう。


5)同じカットを数枚撮る

これは同じモノを露出(ケータイでいう明るさ)を変えて撮ったり
ホワイトバランスを変えて撮ったり、その中でベストショットを選びましょう。


6)とにかく、数多く応募する。

確立統計の問題です。初代王者のnewroadさんが自分が選ばれた事に
本人が一番驚いてました。何が選ばれるか分かりません。
なぜなら、俺が判定してるから。


7)YUMEに裏金を渡す。

最も確実性の高い方法です。ただ、その価値があるか否かは、ありますよ♪


8)けっきょくは俺が判定してるということを心得る!

俺をよく知る者ほど、確立が高いです。いい例が、newroadさんです(笑)
ってのは、冗談ですが、俺の心をくすぐってくれるような作品 お待ちしてます。
[PR]
by Brother_M | 2004-10-10 18:11 | camera/photo

Macro(マクロ)撮影

さて、今回は久しぶりにphoto/cameraらしい更新をしてみたいと思います。
今まで幾つもの撮影方法であったり、メカニズムなどを説明してきましたが
今回は、おそらく皆さんもこの撮り方での機会も多いであろう
マクロ撮影についてです。

マクロ撮影とは、いわゆる接写の事です。近くにあるものを撮影する時に
使います。携帯のカメラでもマクロ撮影の機能がありますよね!?
チューリップのマークのやつです。これはデジカメでも同じマークです。
これにモードを切り替えると、近くのものを大きく撮れ
また被写界深度が浅くなるので、超UPで撮れたり、背景ボケてくれます。
HPでネットショップなどをやってる方なんかには、商品の撮影で
必須の撮影法ですね。また、花なんかをよく撮る方にも無くてはならない
機能かもしれません。

で、俺はこのマクロを撮る時に、C-3100ZOOMというカメラではマクロレンズ
というものを着けて撮ります。なぜかと言うと、このカメラは、このように
アクセサリーレンズを装着できる拡張性に優れたカメラであるということ。
そして、最大の理由は・・・このカメラ、かなり昔のものなんですけど
マクロ撮影に弱い!被写体までワイド側で最短20cmの距離でしか寄れない
のです。つまり、望遠側ではもっと離れて撮影しなければならない。
そこで仕方がないので、マクロレンズを着け、少しでも大きく引き寄せられる
ようにして撮影するんです。現在は、カメラにスーパーマクロなどという機能が
付いてるものも多く3cm~とか、中には1cm~撮影可能なのも多いですし
そんなにマクロが強くなくても10cm~とかが多いですけどね。

今、上記で書いたようにマクロ撮影では、ワイド側とテレ側(望遠)では
被写体にカメラが寄れる距離が違います。これ覚えておいてください。
これは携帯でも一緒です。で、俺のこのC-3100ZOOMというカメラは
マニュアル露出が可能なカメラ、いわゆるマニュアルカメラと呼ばれるもの
ですけど、それと同時に、マニュアルフォーカス(MF)もできるカメラなんです。
おそらく皆さんがお使いのカメラでもMFが使えるものもあるかもしれませんが
大体はAFのみか、あってもMFを使わないで撮影してる可能性が高いですね。

少し説明すると、MFというのは、被写体までの距離を自分で測るわけです。
測ると言っても自分では目測でOKで、細かくはカメラの背面モニターを見なが
ら、20cmとか30cm、50cmなどとスライダーに合わせて、その時に背面
モニターの画像がUPになって表示されるので、それを見ながら、ピントが来た
所でフォーカスを決定するだけなので、誰でも簡単にMFは使えます。
50cmに合わせれば、自分がそこから動かなければ
その50cm先のモノにピントが合うわけです。

で、なぜ、俺がマクロの時にマニュアルでフォーカスを合わすかというと
マクロって、とてもピント合わせがシビアなんです。
例えば、外で花をマクロ撮影したいとします。そんな時に、風が少し吹いてると
花が揺れますよね?ある花びらにフォーカスを合わせたいとして
AFで撮ろうとすると、自分がシャッターを半押ししてフォーカスロックした時と
実際にシャッターを切った時に、風で花が揺れ、ピントを合わせたいモノ(位置)
の距離が変わる事が多いのです。
すると、当然ですけど、違うものに合ってしまった状態で撮影しちゃうわけです。
ところが、MFで合わせておけば、絶対にその合わせた距離でピントが来るので、違う所にピントが来るということがないんです。
お解かり頂けたでしょうか???

一眼レフなんか使ってる人は、特にこのMFを使い、また手ブレる可能性もある
ので、三脚も使いますね。俺も本気でマクロ撮影する場合は、
MF(できるカメラなら)+三脚で撮影します。
ネットショップでの商品などを撮る人は、MFは別としても、まず三脚は絶対に
使ってください!とオススメしておきます。何故なら、ブツ撮りは、
ライティングを当てたりする=室内での撮影 になるので、手ブレの可能性が
大だからです。被写界深度が浅くなる分、ピントのズレがシビアに出ちゃいます。
三脚なんて安いのでOK。1500円くらいでぜんぜん買えるので。
持ってると良いですよ。夜景や皆での記念撮影にも使えますし(笑)
そんなミニ三脚でぜんぜんOKです。楽勝です。

では、次回のphoto/cameraは、携帯のマクロ画像も含め、実際にマクロ
撮影をした画像を皆さんと見ていきながら、マクロの特性ってゆーか、
そんなもんに触れていきたいと思います。
[PR]
by Brother_M | 2004-10-06 02:57 | camera/photo

新しいカメラ&レンズ

さて、昨日新しいカメラ&新しいレンズ2本(コンデジ用)が届いたので
近頃ぜんぜんゆっくり撮りに行けてない、写真でも撮りに出かけよう♪と
思ってるのですけど、部屋の掃除もしなければ(汗)ってな状態で
明日の気分次第で、撮りに行けるか行けないか!みたいな。

まず、新しいカメラというのは、コンパクトデジカメですけど、先日ヨドバシの
新館オープンの時に並んで、見事に抽選外れたコニカミノルタのKD-510Z
というカメラを、やっぱり欲しいので買いました。ちなみに、このカメラ
新しいものでは全然なく、一年以上前のものです。近年はデジカメは
とてもモデルチェンジが早いので、一年前と言ったら、もぅかなり数台も
前というか、古くなってるカメラですけど、良いカメラは一年経とうが良いカメラ。
しっかり見極めた上でコレを選んだわけです。

そして、レンズ。これは現在持ってるC-3100ZOOMという3年前に発売されたカメラで使えるアクセサリーレンズとでも言いましょうか。ちょっと前にこれに使えるマクロレンズを買ったばかりだっつーのに、似たようなレンズ一つと、ワイドコンバージョンレンズと言って、広角域を広げるレンズを買ってしまいました。金欠もよいところです。はい。

俺の持ってるC-3100ZOOMは、もともと32mm~と昔のものにしては
広角寄りなカメラなのですけど、これにそいつを装着すると、約23mm~の
撮影が可能になり、そりゃ~ワイドな写真が撮れるわけです。
現在のコンデジでは、ここ半年くらいで28mm~というカメラが多く出てきてますが、それだけ広角を撮れるカメラってのが、現在のコンパクトデジカメでは熱いです。

で、広角広角って言うけれど、一体何の事を言ってるんだぃ?このスカポンタン!と思われる方もいらっしゃると思うので、すごーく簡単に説明します。
広角とは、ズームを最もワイド側で撮った時に、どれだけワイドに写せるか?
みたいなことです。例えば、想像してみてください。
狭い部屋でお友達と写真を撮ることになりました。
友達全員を入れて、なおかつ、うしろの壁なども全部入れたい!
が、しかーし!持ってるカメラの最広角が39mm~と、ごく一般的なデジカメ
だったとします。すると、友達はなんとか入るけど、後ろの壁が端から端まで
入りきらない!後ろに下がりたくても、狭い部屋なのでコレ以上壁があって
下がれない!こんな時に広角が広いと、全部写せてとても便利なのです。
あと、ヨーロッパなんて旅行に行って、写真を撮るなんてことがあると
とても実感できると思いますよ。歴史的建築物や美術館など多くて
全部入れたいのに、後ろにこれ以上他の建物があって下がれない!みたいな。

また、皆さんがカメラの性能などを見るために、メーカーのHPに行ったとします。
二つのカメラの性能を見比べてました。ズーム域のワイド側の始まりを
見た時に35mm~と39mm~と書いてありました。
数値上で4mmしか違いしかありません。
が、しかーし!これ、写真だとかなり写りが違うんです。

高倍率ズームも面白いですが(個人的にはこっちのが好きだったりします)
日常のスナップを撮るには、広角が強い方が、まず活躍するでしょうね。
皆さんが次の一台の購入を考えた時、ぜひ最広角の画角を意識しては
いかがでしょうか?28mm~なんての結構出てきてますので。
ま、広角に強いとコレ以外の利点もあるのですけど、それはかなり
専門的になってしまうので、ここでは止めておきます・・・

てなわけで、明日かどーかわかりませんが、広角を活かした写真を撮ったら
フォトコンの方やお前ら!写真撮りましたので見ていきませんか?
の方にでもUPするかもしれないので。ぜひチェキラ☆してみてください。
あと、新しいカメラで撮影した写真も載せますので♪
カミソリのようなキレ味鋭すぎる、あの画像を載せられるかな♪♪わくわく
[PR]
by Brother_M | 2004-10-03 00:55 | camera/photo