人気ブログランキング |

超重要!カメラを知ろう(PART5)

さて、このシリーズの最終回はホワイトバランスです。
この数回で書いてきたことを覚えれば、まずかなり上達します。
あとは構図などの切り取り方はセンスと経験です。では・・・

ホワイトバランス(WB)とは、一言で言ってしまえば、
白いものが適切な白色で写るように色を補正する機能
のことを言います。

デジカメで被写体を撮る時、被写体は太陽光やライトなどの光源から光を
反射して、レンズに写ります。これは人間の目に写る場合も一緒なんです。
ただ、問題なのは人間の目とデジカメとでは性能が違うんです。
人間の目はとても優秀なので、太陽光だろうが、電球だろうが蛍光灯だろうが
適切な白として認識できるのですけど、デジカメはできません。
それは何故か?それは、光源には色温度と呼ばれるものがあるからなんです。

それじゃ、色温度って何!?ってことですよね。
色温度とは難しく言えば光の色を数値で表したもので、
光源そのものの温度ではなくて、光の色を人の目に見える感覚に置き換えて
表した数値(単位をK【ケルビン】で表す)のことなんです。
と、一応説明だけしましたが、こんなややこしいことは
どーでもいいです。問題はこれらをどのように使いこなすかです。

大体ですが、皆さんのデジカメには(機種によって多少違いはありますが)

・オート(カメラ任せ)
・晴天(太陽光・昼光)約5500Kあたり
・曇天        約6500Kあたり
・蛍光灯       約4000K~4500Kあたり
・電球(白熱灯)   約3000K~3500Kあたり
 ↑別名タングステンとも呼ばれます   
・マニュアル(手動でホワイト調節)

こんな感じでホワイトバランスがあると思います。
で、昼間の晴天時に撮るならWBを晴天に、曇りなら曇天に。
これくらい誰にでも判りますよね?
ただ、こーいった状況下ではどれにすれば良いのだろう?
なんて事もしばしば出てくると思うんです。
例えば、夜景の時はどれにすれば?とか、夕方は?とか。
とりあえず迷った時はオート任せ!って手段もあるんですけど
オートWBが優れたカメラなら良いのですが、カメラ任せだと
おかしな色再現をするカメラもけっこうあるので、
やはり、このWBの設定も経験がものを言います。

そこで、今回は一概には絶対とは言えませんが、俺流WBを伝授!
と言っても、ある程度決まりごとでもあるんですけどね^^;


まず、夕景をとる場合。
夕日をより赤くしたい!そんな時は、WBを晴天でも良いですけど
俺は曇天に設定します。そして前回も説明したように、
露出をマイナス補正にして、そのような設定で組み合わせます。
これだけでだいぶ夕日が赤くなり、綺麗な夕景写真が撮れると思います。
また細かくWBを設定できる機種であれば、R(赤)←・・・・・→B(青)
を少し赤に振ったりするのも良いでしょうね。

次、夜景の場合。まるでクリップアートのような青を出したい場合は
日没~15分くらいが勝負で、WBを蛍光灯にしたりしちゃいます。
すると、実際の空よりは青く出ますが、クリップアートのような綺麗な
青が出ます。俺の作例を参考までに載せておきますね。
a0016551_1523813.jpg



次、完全に日没後、空が暗くなったら!そんな時の夜景は
これも作る写真にもよりますが、ネオンなどを綺麗に撮るために
俺はWBを電球・白熱灯(タングステン)にします。
昼だったり、室内の蛍光灯下の時に試しにWBを変えてみてください。
画面が寒々しく真っ青になります。でも、これが夜景だと
とてもマッチして綺麗に写しだせるんです。
これも作例を載せておきますね。
a0016551_1575276.jpg



最後に、冬だったり、氷だったり、冷たいor寒そうな雰囲気を
出したい場合。こんな時も一つ前で書きましたがタングステンを
利用すると、とても雰囲気が出ますよ。

少し光源が難しい状況下での撮影ですが・・・

☆WBを蛍光灯で撮った場合
a0016551_1595478.jpg



☆WBを電球(タングステン)で撮った場合
 (こちらの方が冷たさが出て良い感じじゃないですか?)
a0016551_214579.jpg



ただ、一番理想なのは、面倒ですがどんな時も
マニュアル(手動)でWBを設定することなんです。
白いハンカチだとかをレンズの前にかざして、その状況状況で
白を認識させる。これが本当は一番的確(なはず)
ただ、面倒なのであまり使わないですけどね^^;

本当ならどうしてこの状況の時このWBにすると良いか?
という理論も書いた方が良いのでしょうけど、頭こんがらがっても
いけないので、とりあえず色々試してください。
とにかく経験することが、一番の上達への近道です☆
by Brother_M | 2004-09-08 02:03 | camera/photo